研究の背景

FTMにおける男性ホルモンの役割

性別違和は、出生時と現在自認している性とに不一致を感じ、強い違和感がある特徴がある。FTMは、男性化の特徴を兼ね備える必要性から、男性ホルモン(テストステロン)を投与する。

男性ホルモン治療後の検査結果

3つの異なるタイプの男性ホルモン(テストステロン)でそれぞれで治療した結果、身体がどのように変化していくか、筋肉注射用男性ホルモン2種、パッチの3つの異なるタイプで治療し、FTMの体重、その他の血液データ、骨の評価をした。

3つの種類の違う男性ホルモン治療

45人のFTMを対象に、それぞれ筋肉注射15人(100 mg/10日 )、テストステロンジェル15人、ネビド15人とランダムに分けて治療した。それぞれのFTMは、治療前のデータ、治療後30週間後、54週間後とそれぞれの期間で男性ホルモン治療による評価を実施した。

結果:
体重自体は明らかに増加し、脂肪の割合はすべてのグループで減少した。3つのグループすべてでは、善玉コレステロール(HDL)は有意に減り、悪玉コレステロール(LDL)は増加が認められた。

部分トロンボプラスティン、ファクターⅠには変化がなく、プロトロンビン時間はすべてのグループで延長が認められた。男性ホルモン治療1年経過時点では、すべてのFTMは日常生活に満足している。

結論
FTMに対して男性ホルモン治療した1年後のデータは安全性に問題がなかった。また、3種の違う男性ホルモンともにデータの違いはなかった。今回の研究は、1年という短期間であり、今後長期のデータも得る必要があるだろう。

Effects of intramuscular testosterone undecanoate on body composition and bone mineral density in female-to-male transsexuals.