GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

エストロゲン貼り薬とジェルの使い分け


エストロゲンの貼り薬

長所は、継続に貼るため、安定した女性ホルモンを維持できます。

その反面、継続して貼らなければならないため、入浴時に剥がれてしまう、温泉などに行く場合に都合が悪い場合があります。また、持続的に貼ることにより発赤やかゆみを生じることがあります。

エストラーナ
エストラーナ

エストロゲンのゲル剤

継続に貼る必要がないので、温泉時などにも人目を気にする必要がありません。
塗った後30分ほどで、エストロゲンが吸収されるので、練った後30~60分経過した時点でふき取ってしまってもかまいません。そうすることで、かゆみや発赤などはほぼ避けられます。

また、ゲルは若干アルコールを含むために、アルコールに過敏の場合、発赤、かぶれなどを生じることがあるので注意します。ゲル剤の使用感はさまざまです。

「かゆみが少ない」「発赤が出ない」「常に貼る必要がない」ないという意見もありますが、「塗ってから乾くまで時間がかかる」などの意見もあります。

ディビゲル
ディビゲル

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.