GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

FTMの薄毛・はげる(頭髪)

  • HOME »
  • FTMの薄毛・はげる(頭髪)

FTMの薄毛(禿げてくる)が気になり始めたら…

FTMにおいて、男性ホルモン治療の最初の1年では、禿げの進展はほとんどありません。ところが、男性ホルモンの治療期間が長くなると、頭髪が薄毛になり禿げてきます。

FTMの薄毛・禿げる形式は、さまざまです。頭頂がはげてきたり、Mはげになる場合もあります。
FTMの薄毛・禿げる

治療開始後10年以内に、25%のFTMが中等度から重度までの禿げが進行すると言われています。ただ、この進行度は、通常の男性の頻度より低いとされています。

短い期間の治療だと頭髪は禿げませんが、それでも、男性ホルモン治療が長ければ長いほど禿げが進行していきます。もちろん加齢は大きな影響があります。

FTMの薄毛の治療は、ちょっと特殊

薄毛治療の医薬品は、男性を対象にしています。たいてい「女性には使用しないでください」と注意書きがあります。これは、薄毛の進行に男性ホルモンが関係しているために、女性には効果がないこともあるからです。

日本国内では、女性を対象にしていないことが背景にあります、
男性の薄毛治療に使われる効果の高い治療薬の1つに、「ミノキシジルMinoxidil」があります。FTMのホルモン治療に支障をきたすことがないメリットがあります。

ただし、頭髪以外の場所も発毛を来すために、腕やすね毛などもうこれ以上生えてきて欲しくないところにも生えてしまうデメリットもあります。国外のくすりを個人輸入で入手し、自己判断で飲むのは避けた方がよいでしょう。実際に副作用で悩んでいる方がたくさんいます。

その他に、飲み薬ではフェナステリドがあります。これは、日本ではプロペシアという商品名で処方することができます。他には、2016年6月に販売開始された「ザガーロ」があります。プロペシアとほぼ同じ成分になります。プロペシア(フェナステリド)は、男性ホルモンを体内で作られないような作用があります。そのため、飲んでいる人の中には、勃起しにくくなるという症状を生じる方もいます。

FTMの場合は、体内で男性ホルモンが作られていませんが、プロペシア(フェナステリド)はFTMを対象とした研究がありません。FTMの薄毛の治療に対して、男性の標準的に使われる1㎎または5㎎が効果があるかどうか明らかでないので、FTMに使う場合も効果がわからないとされています。

男性ホルモンをブロックするため、男性化(体毛が増える、声が低くなる、クリトリスが大きくなるなど)を妨げる可能性もあるかもしれません。

もし、プロペシア(フェナステリド)の飲み薬を飲む場合には、少なくとも、自分が望む男性化がすべて達成された後、男性ホルモン治療を最低2年続けてから治療を始めるとよいとされます。

現在のところ、飲み薬の効果がFTMにとって、どの程度効果があるかわからないので、上記の発毛成分であるミノキシジル、フェナステリドの有効成分が入った塗るタイプの局所的に効く発毛薬が無難かもしれません。

現在、薄毛治療、育毛剤にはいろいろなものが販売されていますが、中には科学的根拠があまりないものもたくさんあります。なんの成分がよいのか悪いのかわからないので、医学的根拠が欲しいところです。

実は、日本皮膚科学会が、薄毛の効果判定を5段階で評価した「診療ガイドライン」を発表しています。1番効果があるとされている成分は、上記で紹介したミノキシジルとフェナステリドです。この両方の医薬品が入っている育毛シャンプーを下記にご紹介します。プロペシア(フェナステリド)の飲み薬を避けたい方にもよいでしょう。

FTM男性ホルモン治療に影響が少ない育毛ローション

ミノキシジル5%+アゼライン酸2% 60ml

¥6480円
FTMの薄毛に発毛剤・育毛シャンプー
ミノキシジル5%とアゼライン2%に加えて、注目の発毛成分アップルポリフェノール、Lリジンなどのアミノ酸を配合した育毛剤です。

ミノキシジルは医薬品で、その他の配合された有効成分は、自然界に存在する成分から構成され、人体への有害な影響もありません。

FTMの方→始めて使う場合は、ミノキシジル5%濃度から使うのをお勧めします。

ミノキシジル7%+アゼライン酸5% 60ml

¥6480円
濃度が5%より高めになりますので、5%で特に問題がない方、5%で効果が物足りない方にお勧めです。
FTMの薄毛に発毛剤・育毛シャンプー

ミノキシジル+フェナステリド含有シャンプー 1本210ml

ミノキシジル+フェナステリドが同時に配合されています。
¥6480円

FTMの薄毛に発毛剤・育毛シャンプー

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.