GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

胸オペと男性ホルモン(テストステロン)


胸オペと男性ホルモン(テストステロン)の関係

胸オペを考えているFTMの方からよく質問される1つとして、胸オペ前に男性ホルモン治療した方がいいのか?それとも胸オペ後に男性ホルモン治療すればよいのか?

結論からいうと、胸オペ前の男性ホルモン治療の有無まったく関係ないです。男性ホルモン治療は、胸オペ前にした方がよいと他のFTM当事者のブログに書いてあった、なんてことも聞きます。

胸オペは希望するが、男性ホルモンを望まないひともいる

でもよく考えてみてください。FTMと言ってもすべての人が男性ホルモン治療を希望されるわけではありません。 性別違和はあるけど、胸オペとは関係なく男性ホルモン治療も望まないし、性別適合手術も受けることもないという人たちもたくさんいます。

性が多様化しているため、胸オペはしたいけど、男性ホルモン治療する必要はないかな、という人たちももちろんたくさんいます。 男性ホルモンは、確かに男性化させる1つのオプション治療です。性別適合手術(SRS)と違って、胸オペは性別変更の必須条件にありません。

FTMの中には、男性ホルモンを受けていなくても、かなりパス度が高い方もいます。 FTMのパス度が高い中には、胸オペは希望するけど、男性ホルモンを希望されない場合も多いのです。

性別違和があっても、男性ホルモン治療をしたくないFTMは、どうしたらいいのでしょうか?胸オペはうまくいかない?まったくそんなことはないので、心配しないでください。 胸オペする前の男性ホルモン治療の有無はまったく問われませんし、胸オペの仕上がりと男性ホルモンとには、まったく関係がありません。

確かに男性ホルモンを打っていくと、乳腺組織が若干萎縮(しぼむ)する感じがするので、胸オペする前には男性ホルモン治療をした方がよいと感じるひともいるのかもしれません。

しかし、そのような誤った個人のブログなどからの誤った情報をもとに、無理して男性ホルモン治療をしたくないのに、無理して胸オペ前に男性ホルモン治療することはないのです。

また、胸オペ後にホルモンバランスを来すのではないか?と心配な方もいるようです。乳腺組織から何らかのホルモンが分泌されるわけではないので、このような乳腺組織を取り出しても、術後にホルモンバランスを起こすことは一切ありませんのでご心配なく。

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.