GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

ご両親の方へ

  • HOME »
  • ご両親の方へ

ご両親の方へGIDについてまずはひとこと

性同一性障害GIDで苦しんでいる自分の息子や娘が姿を見るのは親としても辛いことです。

たとえば、男で生まれてきたのだから男として生きてほしいと思う気持ちもあれば、心は女性なのだから女性としてやり直せばいいと考える気持ちもあり、その葛藤に苦しむのは家族も変わりません。

家族の役割としてできることは、まずはその気持ちを汲んであげることです。誰しも好きでそうなっているわけではありません。まずは性同一性障害を理解する気持ちが必要です。

最初は理解できなくて当然なので、どういうものかを本人と家族が学んでいくことが大切ですし、性同一性障害を抱える娘や息子の気持ちを常に考え、親として子供を愛するという気持ちを伝えていくことが子供にとっていちばんの精神安定剤になります。

一番やってはいけないのが否定です。もしくは、今の状況が異常であることを伝えることです。異常であると最大の理解者であるべき親から言われたら、もう誰にも相談できず、ふさぎこみ、自己嫌悪に陥ってしまいます。

そう言いたくなる気持ちはわかりますが、辛い状況を救ってあげられるのは家族しかいません。ぜひ耳を傾けて話を聞いてあげてください。家族の役割として、居場所を作ることが必要です。そして、どんな状況であれ自分の子供として愛する気持ちは伝えていくべきです。

治療についてどう考えたらいいか?

日本国内の法律では、究極的なことを言ってしまうと成人になれば何をするにも親の承諾は必要ありません。

とはいうものの実際には、家族内でのいろいろな問題があると思いますので、現実的にはほとんどの方が両親のおおよその承諾(理解)を持って治療を進める傾向にありますし、実際に理解を持って治療していただきたいです。
今後の治療を順調に進めるには、親の理解も大切となってきます。

子どもが将来独立して、幸せに生きていくになにをすればよいか今一度考えてみてください。
性同一性障害GIDの治療に際し、こどもの治療に反対もしくは、理解できない方も少なくないかと思います。
いきなり、子どもに性同一性障害GIDであることをカミングアウトされてもすぐに理解できる親はほとんどいません。

子どもは、いくつになっても子どもなのはわかります。
子どもの取り巻く環境、悩みを解決すべく少しづつでもいいので理解していただけると嬉しいです。

当院では、治療をおこなって行く上で、副作用などしっかり理解して治療をおこなっていきます。
今後治療して行く上では、成人ではあるかもしれませんが、大切な子どもを責任持って治療していきます。

また、ご両親だけの来院の際には、本人の承諾が必要となりますが、不明な点はいつでもいらしてください。
(本人の承諾がなければ、性同一性障害の治療についての一般論をお話します)

個人情報の観点から、ご家族でも、本人(当事者)の承諾なしには、現在の治療などの確認などはできませんのでご了承ください。通院しているかどうかのお答えもできないことをご理解お願い致します。

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.