GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

FTMの男性ホルモン

  • HOME »
  • FTMの男性ホルモン

FTMの男性ホルモンの種類

飲み薬、筋肉注射、塗り薬があります。
・飲み薬…ほとんどが肝臓で代謝され、 肝障害を起こしやすいので注意が必要です。 お勧めはできません。
効果もあまり期待できないです。

テストステロン筋肉注射

基本的な男性ホルモン治療です。

短期持続型男性ホルモン(テストステロン)

日本国内では、エナント酸テストステロン125㎎と250㎎の2種類の規格があります。当院では、エナルモンデポー、テストロンデポーの取り扱いがあります。

125㎎…2~3週に1回、 250㎎…3~4週に1回の頻度で注射します。

FTMによっては周期変動、例えば、 サイクルの終わり頃に感じる疲労やイライラ、サイクルの初め頃に感じる攻撃性や気分の高揚などを敏感に感じる方もいます。その持続する時間が正常な生理学的レベルではないと意識されることもあります。

これらを緩和するには、投与量を減らして回数を多くするとか(3週に1回250mgを注射している場合は、125mgを2週間に1回に変更するなど)、男性ホルモンクリーム(グローミン:下記参照)を毎日使用するなどするとよいかもしれません。

長期持続型の男性ホルモン(テストステロン)

ネビドは、テストステロンウンデカン酸エステルの商品名です。規格は、ネビド(NEBIDO)1000㎎しかありません。

海外では3か月に1回とされていますが、日本人だと1回の注射で、5~6か月効果が持続します。(当院のデータ比較より)

通常の注射より高価になりますが、 男性ホルモン濃度が不安定な方、安定した濃度を保ちたい方、定期的に来院できない方、遠方の方向きです。

デメリットは高額なことだけです。時間・交通費をお金に換算すると得かもしれません。 左右のお尻に2か所注射します。

ネビド注射Q&A

・塗り薬グローミン®

…日本国内では、唯一の男性ホルモンクリームです。
男性ホルモンの血液濃度は安定します。 補助的に使うとよいです。

グローミン

当院は、医科用のものを処方しています。

男性ホルモンを効率的に補給できる軟膏です。
通常、男性ホルモンが低下している壮年期の男性に使用しますが、FTMの方にももちろん使用できます。

塗り薬の男性ホルモン補充は、世界的な最新トレンドで、日本ではグローミンが注目されています。FTMに対しての臨床研究も行われていて、効果が実証されています。 飲み薬と違い身体にも負担をかけにくいと言われています。

第1類医薬品なので、しっかりとした効能・効果があり、臨床研究でも優れた効果あります。男性ホルモンの適正レベルである生理的範囲で補充します。

グローミンは、体に負担をかけない「生理的範囲」で補給できる低用量タイプで、肝臓に直接代謝されないので、低用量でも効率よく補充できます。 1日2回補給(塗る)ことで、規則的なリズムでホルモン補充できます。

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.