GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

男性ホルモンの効果


男性ホルモン(テストステロン)を打ち始めてから身体に変化が起き始めるおおよその時期

生理・月経がなくなる(1~6か月)
注射するタイミングによっては、1回で生理が来なくなる方もいますが、来なくなる目安は、3~4回くらいになります。男性ホルモンを数年以上治療しているのに生理が来る場合があります。

ニキビができやすい(1~6か月)
新陳代謝が活発になるので、皮脂が増えます。半数以上のFTMが、1年以内に経験します。

体毛が濃くなる(1~4年)
生まれつき男性が思春期に経験する発毛のパターンで生えてきます。遺伝的な要素もありますので、個人差が大きいです。1年以内に胸部と四肢が濃くなる傾向にあり、顔はゆっくり発毛します。約1~4年要します。永久的変化。

頭髪が禿げる(脱毛症)(6-12)
頭髪・髪の毛が禿げてくる、薄くなるのは、男性ホルモン治療の期間に関係している言われています。また、遺伝的な要素もあります。

筋力が増強する(6-12)
注射して、勝手に筋力がつくという意味ではなく、筋力トレーニングなどすると筋力はつきやすいでしょう。

声が低くなる(6-12か月)
15歳ころからの男性の思春期を想像するとよいでしょう。落ち着くまでは、声が出しにくいなどあります。たいてい1年で安定してきます。永久的変化。

クリトリスが肥大する(3-6)
すべてのひとが大きくなりますが、個人差が大きいです。通常、小指の第一関節ぐらいの大きさになります。海外の医学論文によると、5%~8%のひとが、女性との性交が可能になるといいます。永久的変化。

膣が萎縮する(3-6)
女性ホルモンが少なくなるので、かゆみなどがでることもあります。

身体の構成
臀部(お尻)からお腹にかけて脂肪がつきやすくなりますが、身体全身の皮下脂肪は減ります。筋肉量は増加します。

乳房
サイズは小さくなりませんが、乳腺の活動は低下していきます。

性欲
FTMのほとんどに性欲を感じます。

 

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.