GID性同一性障害・ジェンダークリニック  診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科(厚生労働省麻酔科標榜認可番号7903号)

FTMのための男性ホルモンQ&A


女性の身体への男性ホルモンの影響はまだまだわからないことが多くあります。
FTMへの男性ホルモンについての質問は、普段の診療、海外医学文献からの情報を踏まえて随時お知らせしていきます。
当院に通っている方は、ご気軽にご相談ください。もし、知りたいことがありましたら、メールでのお問い合わせもご利用ください。

Q. 早く男性化したいのですが、250㎎を2週間に1回打っていますが大丈夫ですか?
A. 海外では、250mgを2週に1回で注射することもあるようですが、外人とは体格も違います。日本人には少し容量が多すぎると思います。2週間に1回であれば125mgが望ましいでしょう。

個人差があるので、定期的にテストステロン濃度を測定して決めるのがよいでしょう。 多く打ちすぎると、身体を壊しては元も子もありません。短期に大量に打つと、頭の脳が萎縮すると言われています。

Q. ニキビがひどいです。どうすればよいですか?
A. 市販薬は、医療機関で処方される薬より弱めです。一度医療機関を受診することをお勧めします。
ニキビ薬のいろいろ

Q. 腕に打つと頭に行きやすので、お尻の方がよいといわれましたが・・・。
A. 効果は腕でもお尻でも同じです。腕を使って仕事をされている方は、たまに腕が重たるくなるひとがいますので、そのような方は、お尻がいいかもしれません。

Q. 匂いに敏感になりましたが、なにか関係あるでしょうか?
A. たまにそのようなことを聞くのですが、実際の原因はわかっていません。

Q. FTMで現在ホルモン治療していて、サッカーをしています。ドーピングひっかからないようにはできますか?
A. おそらく厳密な検査では、引っかかります。体外から投与する男性ホルモンは蛋白同化ストロイドに分類されていて、どのスポーツ競技でも常に禁止されている薬です。

医療上の理由でも事前にアンチ・ドーピング協会が承認していないと、禁止されている薬は使用できません。もし、使用するとドーピング防止規則違反と判断されることがあるようです。→FTMの男性ホルモン使用時のスポーツ

男性ホルモンを体外から補っているFTMは、治療目的にあたりますので、事前の手続きによって認められることがあるようです。

Q. 男性ホルモンを打ち始めてから物忘れがひどくなったのですが、なにか男性ホルモンと関係がありますか?
A. 閉経した女性が、記憶の保持が悪くなるという研究データがあります。これは、女性ホルモン(エストロゲン)がなくなることによる影響と考えられています。FTMが男性ホルモン治療を始めると、卵巣の機能が低下することによって、女性ホルモンが分泌されなくなります。

このように、FTMの場合も、女性ホルモンの点からみると、若いFTMでも閉経状態と同じです。もしかして、女性ホルモンが急になくなったことによって、記憶力が悪くなるのかもしれません。

Q. 多血症とはなんですか?
A. 男性ホルモンを打つと少なからず血の量が多くなります。赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットなどを参考にします。あまりに基準値より高い場合は、容量を減らすか打つ間隔を伸ばすかにしましょう。あまりに高すぎるのが長期に続くと血管が詰まることがあります。

Q. 田舎で周りに男性ホルモンを打ってくれるところがありません。どうすればよいでしょう?
A. なかなか難しいですね。近隣のクリニックから遠くの「泌尿器科」までの診療圏で治療してくれるところを探してみましょう。どうしてもダメな場合は、塗り薬もよいと思います。飲み薬は、長期に飲むと肝機能が悪くなることがありますのでお勧めできません。
当院では「ネビド」も導入しています。個人差はありますが、5~6か月ぐらい持ちますので、遠方の方はぜひご利用ください。

Q. 子宮卵巣を取ったのですが、男性ホルモンは今まで通り打てばよいですか?
A. 250mgを打っていた場合は、125mgに。125mgの場合は、打つ間隔を伸ばすとよいです。 現在通っている先生に相談してみてください。

Q. 男性ホルモンは、一生打たないとダメですか?
A. リアルな男性も壮年期を迎えると、男性ホルモンが極端に少なくなります。FTMの方も、50歳以降になれば注射でなく、塗り薬でもよいかもしれません。

ネビドNebido注射についてのQ&A

Q. 男性ホルモン治療をこれからしたいのですが、現在甲状腺機能亢進症と診断されて、甲状腺ホルモンを下げるくすりを飲んでいます。甲状腺の病気を治療しながらホルモン治療しても大丈夫でしょうか?体へのリスクなどあったら教えてください?

A. 男性ホルモンが甲状腺に与える影響はありませんし、悪影響を与える報告はありません。ただ、治療に絶対大丈夫ということはないので、とりあえずは、数回注射してみて、甲状腺ホルモン値など測定するといいと思います。

クスリを飲んでいて、甲状腺ホルモン値も安定していれば、問題ないかと思われます。また、どうしても心配であれば、最初は短期型2~3週タイプの125㎎の男性ホルモンを注射することをお勧めします。

診療科目:形成外科、美容外科、麻酔科 TEL 03-3717-3514 10:00-19:00土曜17時まで,予約制,休診:水.日.祝日

  • メールでお問い合わせはこちら

GID必見の海外医学論文集

GID必見の海外医学論文集

FTMエピテーゼ

FTMエピテーゼ専門店の匠
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.