FTM当事者から、「胸オペ後に、腕がパンパンに腫れることがあるのか?腕が痛くなることがあるのか?」を質問されることはまずないです。

この質問は、FTM当事者のお母さんからたびたび質問されます。おそらくこのような医療都市伝説は、「乳がんの手術」後に起こりうる症状からの噂になったものと考えられます。

乳がんでは、周囲に転移している可能性もあります。とくに、脇にあるリンパ節に転移していることがあるために、そのリンパ節を摘出することがあります。

脇のリンパ節を摘出すると、腕に行くリンパの流れが悪くなるために、腕が腫れてしまいます。このように、胸の手術をする=腕が腫れる…ということだと思います。

胸オペをする際には、摘出するものは、「乳腺組織」のみで、リンパ節を摘出することはありませんのでご安心を。