FTMの治療は、大きく分けると3つあります。

  • 精神治療
  • 男性ホルモン治療
  • 手術治療(胸オペ、子宮・卵巣切除)

精神治療

性同一性障害は、病気ではないので、正確には薬などを飲んで治すわけではないので、精神的サポートと言う方がよいのでしょう。

診断の概要

FTM治療を進める上で、大切なのは、性同一性障害の診断になります。

性同一性障害に特徴的な症状は、

  • 自分の性に対する嫌悪感
  • 反対の性別になりたい気持ちが強く、持続的
  • 反対の性別としての役割

生物学的性別の確認

外性器、内性器の確認、その他に、性分化疾患がないことを確認するために、性染色体検査を行います。

性分化疾患も性同一性障害と同じ、性別違和を幼少期から持ち続けていることが多いからです。

自認する性の確認

養育歴、生活歴、日常生活の状況などから判断します。

除外診断

社会的な理由による性別役割の忌避、職業的利得でないことの確認します。

その他、統合失調症などの精神疾患からの原因なども除外します。

男性ホルモン治療

最大の目的は、男性化である。月経停止、声の低音化、体毛が濃くなる、体型の男性化、ヒゲが濃くなるなどの効果が見込めます。

二次性徴が始まる頃には、自分の身体に対する嫌悪感も強くなり、この時期には、自殺企図など中学生の時期に1つ目のピークがあります。

できるだけ、周囲は早くから本人のことを理解することも必要です。

日本でも、性同一性障害ガイドライン4版では、二次性徴抑制薬と男性ホルモンの開始年齢が引き下げられました。

男性ホルモン治療の説明

手術治療

FTM治療としては、胸オペ(乳房切除)と子宮・卵巣切除があります。

胸オペ治療

乳房は女性の象徴ともされているので、二次性徴が始まる頃から乳房がふくらみ始めるので、自分の身体に対してさらに嫌悪感が強くなります。

胸オペ治療の説明

子宮・卵巣切除

現在のところ、賛否はあるものの、日本では性別変更を希望するFTMには、避けて通れない手術です。

X、エックスジェンダーといわれるFTXは、この治療を行わないひとも多くいます。

これらのFTMの治療は、画一的にこれらの治療をすべて受けなくてはいけないということはなく、特に身体的な治療は、どの時期に受けるかは、本人が自分で決めることができます。

ただし、どの治療を受けるにも、精神的なサポートは必要です。