最近海外では性の多様化も相まって、FTMと一般男性との性交渉する機会が多くなり、性感染症の頻度も高くなっているようです。今後、これらに関しての海外の医学論文を紹介する予定です。

FTMにとっての安全なセックスを考える際には、FTMがすべての性別と様々な体型のパートナーとセックスする機会を持つことができるので、このことを十分に認識する必要があります。

性的嗜好は、オーラルまたは膣およびアナルセックスにおいては、受け身または攻めるパートナーであることが含まれます。

FTMゲイは、一般男性のゲイに比べると性感染症のリスクは低いとされますが、一般男性またはゲイをパートナーとするセックスには十分なリスク管理が必要です。

FTMパートナーのコンドームの使用

FTMの安全なセックスの基本的な情報は外科手術が危険か危険でないかを問うのと同じでことです。セックスする際には、必ずコンドーム(外・内コンドーム)のようなバリアを使用してください。

最近、手術を受け、皮膚が治癒していない場合は、出血によって体内への出入りが可能になるため、HIVに感染しやすくなる可能性があります。性感染症がすでにもう1つあるとHIVに感染しやすくなります。

性器いぼやヘルペスなどの性感染症(STI)は、皮膚との密接な接触を介して感染するため、コンドームは必ずしもこれらの感染症から守るとは限りません。

FTMとコンドーム

一般男性と性行為する際には、常にコンドームを使用することです。

1.コンドームは異なるサイズ、形および材料(ラテックスアレルギーを含む)の確認
2.常にパートナー間でコンドームを変更してもらう
3.直腸の細菌が腟感染を引き起こす可能性があるので、同じパートナーであっても、肛門から膣に変える場合でも同じコンドームを使用しないでください
4.コンドームが壊れるのを防ぐために30分以上セックスしている場合は、コンドームを変更してください。
コンドームの使用の詳細については、 一般的な使い方を参照してください。

PEP

コンドームが壊れた場合は、HIV感染のリスクを減らすために、曝露後予防薬(PEP)を服用することを検討することができます。

PrEP

PrEP(曝露前予防)は、HIVに感染するリスクを軽減するセックスの前にHIV陰性の人々のための薬物です。

HIVにさらされる前にPrEPを服用することは、HIVがあなたの体に入った場合、HIVがあなたに感染する機会を得る前に、HIVをブロックするのに十分な薬物があることを意味します。

PrEPは、膣と肛門の両方のセックス中にFTMの粘膜保護してくれます。最大限の保護を受けるためには、毎日7日間PrEPを服用する必要があります。

内部コンドーム

これは、主にFTMが使用します。
1.内部コンドームは、外陰部未治療または膣が閉鎖されていないFTMの体内に着用するコンドームです(内部コンドームは女性コンドームまたはフェミドムと呼ばれることもあります)。
2.それは腟または肛門(コンドームの上のリングが取除かれる場合)で使用することができます。
3.これは、ベビーペニス(小さな陰茎を作成する生殖器の手術の一種)または男性ホルモン治療により膣に挿入するのための十分な陰核(クリトリス)肥大を持つFTMをパートナーに持つひとにも最も安全なオプションです。

歯科用ダム

1.歯科ダムは膣、肛門および口腔のセックスのために使用することができるラテックスのシートです。
2.これは、生殖器領域をカバーするために使用され、性感染症の伝達を防ぐことができます。

潤滑剤

1.水またはシリコーンベースの潤滑剤は、セックス中に皮膚に損傷を与えるリスクとコンドームが破損する可能性を低減します。
2.ラテックスコンドームを含むオイルベースの潤滑剤(ワセリン、ベビーオイル、モイスチャライザーなど)は、コンドームが分裂する原因となる可能性があるため避けてください。
3.シリコーンディルドとセックスのおもちゃでシリコーンベースの潤滑剤は、表面を劣化させる可能性がありますので避けてください。

より安全なセックスと男性ホルモン

男性ホルモン(テストステロン)は腟または外性器の潤滑を変えてしまうので、一部のFTMは十分に濡れない(潤滑液が産生しない)かもしれません。一部のFTMには、男性ホルモン治療後、以前より濡れるようになったという報告もあります。

膣内の酸性度が変化して、カンジダや膀胱炎などの感染症にかかりやすくなる可能性もあります。これは、テストステロンに関しては最初の数年間は問題になるようです。いつも十分な潤滑油を確保してください。

エストロゲンのレベルの低下は、膣壁の厚さに影響を与え、セックス中に小さな気付かれないキズがより簡単に起こる可能性があります。直腸の壁は同じように影響を受け、コンドームと潤滑油を使用することがさらに重要になります。

安全なセックスのために

あなたの男性としてのセクシュアリティを発見することは本当にエキサイティングなことです。あなたが性別移行中のどの時期においても、手術を受けることを決めたかどうかにかかわらず、安全で楽しいセックスをする権利があります。

膣またはアナルセックス

1.STI または HIV を取得するための最も高いリスク.
2.外部または内部コンドームを使用します。
3.水ベースまたはシリコーンベースの潤滑油を使用してください。

ヘルペス、性器いぼ、梅毒などの感染症は、定期的な皮膚間接触を介して伝染します。コンドーム、歯科ダム、ラテックス手袋などは、リスクを軽減しますが、カバーされた領域のみを保護します。

オーラルセックス

1.リスクは低いが、ヘルペス、梅毒、淋病などの性感染症の可能性もあります。
2.はるかにリスクは低いですが、HIVの可能性があります。
3.歯茎、潰瘍、喉の痛みや最近の歯科治療を受けている場合は、口腔セックスを避けてください。

最近手術をした、誰かとオーラルセックスをした後、治癒していない傷は、あなたの身体や彼らの身体に入る感染症の原因になります。

その場合は、パートナーが口の中で射精するのを避けてください。また、風味付きコンドームや歯科ダムを使用することができます。

オーラルセックスする前に、歯茎が出血する可能性があるため、歯をきれいにしたり、マウスウォッシュを直接使用したりしないでください。

セックスのおもちゃを使用する行為

1.感染性の液体が移動する可能性があるので、異なる人々とそれらを使用する前には、暖かい石鹸水を使用して徹底的にきれいにしてください。
2.新しい人ごとに新しいコンドームを使用するか、セックスのおもちゃを共有しないようにしてください。
3.セックスのおもちゃは、膣/前部穴や肛門を裏打ちする皮膚に小さな気付かれずの涙を引き起こす可能性があるため、コンドームと潤滑油を使用するとよいでしょう。
4.セックスのおもちゃは、たまに次亜塩素酸(ハイター)の消毒をお勧めします。

指を使う行為

・手や指に切り傷が付いかないようにする
・爪を短くし、潤滑油をたっぷり使う
・感染性の液体が指の表面に移動する可能性があるので、別のパートナーに指差す前には、暖かい石鹸水を使用して十分に手をきれいにする
・コンドームを使用して指を覆うか、複数の人で指を避けます

舐める行為

一般男性ゲイパートナーは、他の誰かの肛門(アヌス)を舐めている可能性もあります。HIVのリスクは非常に低いですが、A型肝炎や細菌感染症(赤痢や淋病など)の可能性があります。

良好な個人衛生は、歯のダムを使用してアヌスをカバーすることにより、リスクをわずかに、またはより効果的に低減することができます。

性器こすり合い行為(フロッタージュ)

フロッタージュは、お互いに性器をこすり合う行為です。リスクは低いですが、皮膚接触細菌やウイルス(ヘルペス、梅毒、性器いぼなど)が転移する可能性がある。寄生虫は、皮膚の接触を介して渡すことができます。

ラフなセックス

1.各パートナーと異なるコンドームを使用し、ペニスが膣と肛門の間で移動するとき。
2.ボンデージ、フィスティングまたはSMは、肛門、膣または口の出血または裂傷をもたらし、STI、HIVおよび肝炎のためのキズを生じる可能性がある。

セックスの交渉

セックスは健康で安全で、あなたが望み、快適であるべきです。

あなたが望むセックスを交渉する際には、例えば、「女性のようにすべてのFTMがアナルセックスを受けなくてはいけない、または膣を使ってセックスをしなければいけない」「一般男性が、あなたの膣に挿入することに快楽を求める」など、あなたが望むセックスを交渉する際に、いくつかの先入観に遭遇するかもしれません。

性的行為の合意を維持し、あなたの限界や好みを尊重するセックスは、より安全で、あなたの期待を満たす可能性が高いことを意味します。

パートナーがあなたの希望を尊重したり、良いと同意を実践しない場合、これは虐待である可能性があります。

「虐待」が正しい用語だと感じない場合でも、性的にやり取りする方法に動揺したり、不快になったりする場合でも性的強要に当たります。

FTMとHIVパートナー

あなたがHIVのパートナーと一緒に暮らしている場合は、あなたのホルモン治療と一緒に安全に生活できるように、あなたの抗レトロウイルス治療がされます。あなたのホルモンレベルも監視することが重要です。

ほとんどの抗レトロウイルス薬はホルモンの影響を受けないようですが、FTMの薬物相互作用を調べている研究はありません。

避妊薬と抗レトロウイルス薬の両方を服用している女性の薬物相互作用に関する既存の研究は、エストロゲン療法と抗レトロウイルス薬の間の可能性のある相互作用について、薬物がMTFに助言するのに役立っています。