FTMの薄毛とその原因

FTMの男性ホルモン治療は、男性型脱毛症・薄毛を引き起こします。特に男性ホルモン治療を開始してから長期に及ぶもの、内摘後も内摘前と同様の容量、頻度で注射していると症状が増悪することがあります。

男性の薄毛治療には、飲み薬タイプのフィナステリド(プロペシア)が効果的ですが、FTMに関してのフィナステリド(プロペシア)の使用についての研究報告が今までにありませんでした。

2017年に海外の医学論文で、フィナステリド(プロペシア)1㎎を1年間内服してもらって、効果、安全性がどうかを調査したものが報告されました。対象は10人であるものの一定の効果がありました。

FTMの薄毛にフィナステリド(プロペシア)は効果があるのか?安全性は?

対象としたFTMは10人と少ないですが、経過観察期間は12カ月として、評価をしています。内服に使用したフィナステリド(プロペシア)は1㎎/日。

FTMの薄毛にフィナステリド(プロペシア)を使用した結果

対象患者は、ステージⅣの薄毛パターンの診断を受けていた。薄毛になった時期は、男性ホルモン治療を開始後3.25年。患者の70%に家族に薄毛のひとがいた。

フィナステリド(プロペシア)を開始してから、平均5.5カ月で1グレード改善した。2名の患者が経済的理由と消化不良のため中止したが、それ以外のFTMに重大な副作用は認められなかった。
FTMの薄毛・脱毛パターンは、女性型の脱毛症のパターンでなく男性型に似ていると言える。

☞参考医学文献
Therapeutic experience with oral finasteride for androgenetic alopecia in female‐to‐male transgender patients
Clin Exp Dermatol. 2017 Oct;42(7):743-748
☞全訳したものを読みたい場合は、FTMの男性型脱毛症治療

FTMで最近薄毛に悩んでいる方は、内服なら「フィナステリド(プロペシア)」(または「ザガーロ」)、塗り薬であれば、「ミノキシジル」を使うとよいかと思います。
・ザガーロについては、FTMの臨床試験のデータがありません。
・ミノキシジルの飲み薬は、副作用が出やすいため、長期の使用は勧められません。