gidの医学的治療

3つのカテゴリーおよび段階に分類されます。

1.完全に身体を元に戻せる治療

性別違和を自覚する児童の医学的治療になります。二次性徴(思春期)の身体的変化を遅延させることなどがこれにあたります。FTMであれば女性ホルモン(エストロゲン)、FTMであれば男性ホルモン(テストステロン)の分泌を抑制するためにGnRH アナログを使用します。

これに代わる選択肢には、MTFでは、プロゲスチン(もっとも一般的には、メドロキシプロゲステロン)やその他の製剤(スピロノラクトン)などがあり、GnRH アナログが処方されていない子どもの精巣から分泌されるアンドロゲン効果を減少させることができます。月経抑制には、継続的な経口避妊薬(メドロキシプロゲステロン)が使用されることもあります。

2.部分的に身体を元に戻せる治療

身体をFTMの男性ホルモン治療あるいはMTFの女性ホルモン治療がこれにあたります。ホルモン治療により起こる変化には、再建手術によって元に戻すことができるものもありますが(FTM:乳腺摘出による乳房の男性化、胸オペ→豊胸手術、MTF:エストロゲンによって女性化した乳房→乳房縮小手術)、元には戻せないものもあります(男性ホルモンによって低音化した声、クリトリスの肥大化)。

青年が女性化または男性化を促すホルモン治療を始めるにあたっては、20歳未満であれば親の同意を得ることが必要です。日本においては、医学的に意思決定が可能となる法定成人年齢は20歳以上であり、その年齢に達すると親の同意は必要はありません。

理想的には、治療に関する決定が本人と家族、そして治療者の間でなされるほうがよいでしょう。青年に対するホルモン治療は、成人期になってからの治療とはかなり異なります。青年期を通して起こる身体的、情動的、精神的な発達を考慮しなければなりません。

3.身体を元に戻せない治療

外科的治療のことです。MTFはペニス切除、睾丸切除、FTMは膣形成、卵巣切除

段階的なプロセスを踏み、最初の2段階でその後の治療を自由に選択できる状態にしておくことが勧められます。できるならば、20歳以上でも青年とその家族が前の段階で実施された治療の効果によって、完全に同意するまでは、次の段階に進むべきではないでしょう。