FTMも自身の子どもを欲しいと思っている

最近のいくつかの研究では、FTMの人々は親になることを望んでいるか、少なくともその可能性を維持したいと思っていることが示されています。

広く引用された研究では、FTMの半数以上が子供を持ちたいと考えており、もしその選択肢が利用可能であれば、卵母細胞の凍結を検討しています。

多くの研究では、FTM、MTFの両方の約70%が性転換移行前に妊孕性温存について考えたが、実際に生殖医療を用いて子どもをも受けたのは10%以下です。

興味深いことに、より多くのMTFは養子縁組によって家族を作ることを好み、一方、より多くのFTMは生物学的な子どもを持つことを望み、性交や妊娠によって家族を作ることを希望しています。

性同一性障害のティーンエイジャーを対象とした研究でも、将来の家族形成への欲求が、約半数に存在することが示されていることから、性同一性障害の人も、自身の生殖能力に関しては、シスジェンダーの人(一般人)と同様の関心を持っていると言って差し支えないでしょう。

FTMが夫婦間の子どもを得る方法は、3通り

体外受精
非配偶者人工授精
男性ドナーの精液を使用し、パートナーの卵子と人工授精させる
養子
パートナーが妊娠して子どもを設けることが一般的ではありますが、FTM自身が妊娠を選択することもできます。

体外受精(IVF)

卵子を取り出し、体外で精子と授精させ、子宮に着床させます。方法は3通りありますが、一般的な方法は、i)の方法が選択されます。

①FTMの卵子+精子→パートナーの子宮に着床
提供を受ける精子は、2人とは関係のない精子、または、パートナーの血縁者の精子
パートナーに産んでもらいたい場合は、理想的な方法です。

②FTMの卵子+精子→FTM自身の子宮に着床
このときの精子は、2人とは関係のない精子、または、パートナーの血縁者の精子

③パートナーの卵子+精子→パートナーの子宮に着床
提供を受ける精子は、2人とは関係のない精子、または、FTMの血縁者の精子
この方法は、パートナーが高齢または卵子の活性化がない場合で、現実的には、人工授精が適しています。

人工授精(非配偶者AID)

i)パートナーの子宮に、精子を注入
2人とは関係のない精子、または、FTMの血縁者の精子を提供

ii)FTMの子宮に、精子を注入
2人とは関係のない精子、または、パートナーの血縁者の精子を提供

FTMが子どもを産んだ後に、性別適合手術をしたとして、子どもが20歳になるまで性別変更できません。自分の身体で子どもを産むことができますが、現実的ではありません。

FTMの生殖医療の問題点

・FTMが自分の子宮で子どもを産んだ場合は、実子になります。
性別適合手術はできますが、性別変更は子どもが未成年のうちはできません。

現実的は、パートナの人工授精が一般的でもあります。

Embryo cryopreservation
受精卵の凍結保存は、体外受精や顕微授精で受精・発育した受精卵を凍らせて長期間保存しておく方法です。 受精卵の凍結は、受精卵を特殊な溶液に浸した後、ストローに入れた受精卵を-196℃という超低温の液体窒素に浸して凍結し、保存します。

Oocyte cryopreservation
卵子凍結保存とは、体外受精を行い子宮に戻す目的で、未受精卵を凍結保存する技術のこと。

【関連記事】
性同一性障害のGID/MTF・FTMの生殖医療

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、またはメールからお問い合わせください。