結論から先に言うと、
「胸オペを受ける際に診断書はあったほうがよいが、なくても問題になることはありません。ただし、その後のホルモン治療、性別適合手術を受ける際には、診断書が必須となります。」

なぜ診断書が必要か?

性同一性障害ガイドラインにおける胸オペの扱い

「性同一性障害ガイドライン」というものを知っているでしょうか?
これは、性同一性障害のひとに携わる医療従事者の治療指針みたいなものです。

これには、一応、胸オペをする際にも、性同一性障害であると診断をしてから胸オペをするのが望ましいとあります。

ただし、このガイドラインは性同一性障害gidのひとのためのものではなく、あくまでも当事者に携わる医療従事者についてのガイドラインであることです。

仮に、診断書がない状態で、胸オペを受けたとしても、基本的に今後の治療について、当事者にとって不利益を受けることはありません。そのようなこともガイドラインに記載があります。

例えば、「胸オペを勝手にしたので、その後の治療はしませんとか、できません」とか、その後に「診断書は書けません」、性別変更する際に裁判所に提出する「診断書も書きません」などがあっては、いけないということです。

性同一性障害gidの性別適合手術SRS、これはFTMであれば子宮・卵巣摘出をするのですが、この場合は、診断書が必要になります。(異なる書式の診断書は必須)

性別適合手術は、別の言い方をすると「去勢」することです。これは生殖能力がなくなります。そのため、万が一、診断されたあとに、やはり女性に戻りたいとなると、自分にとっての不利益としては、身体的には子どもを産むことができない状態になります。

子宮、卵巣を摘出すると元に戻すことはできないので、それだけ慎重に手術に臨んでもらいたいのです。それだけ、ハードルが高くなるため、性同一性障害の診断も医者2名にしてもらう必要があります。

胸オペをしても、からだに影響はない?

もちろん、胸オペも慎重に行ってもらうことが前提になりますが、万が一、胸オペをしたあとに、やはり女性に戻りたいとなっても、身体的に、もしくは、生理的にからだがおかしくなることはないので、ホルモンバランスが崩れることもなく、体調がすぐれないなんてこともありません。

ただ1つ言えるのは、誤解を恐れず言うと、もともと胸がほとんどない女性になってしまうというところです。外見的に胸がまったくない「まな板」状態であることです。

このように考えると、胸オペは、次にあげる要素が強いです。

・美容的要素がつよい
☞一般女性にも胸が大きくて苦痛なので、小さくしたいひともいますので、同じように考えれば診断書は必要ないのでは?とも考えられます。

生殖能力に関係しない。
☞胸がまったくなくても、妊娠が可能。ホルモンバランスを崩して、体調が悪くなることもない。

体内のホルモン分泌に影響を受けない
☞ホルモンの影響を受ける器官(普段は女性ホルモンが作用して、生理の前後で胸が張ったり、痛くなることはある)。ただし、乳腺はホルモンを分泌する器官ではないので、ホルモンバランスの影響を一切受けない。

あと1点付け加えると、現在生命保険に加入している場合には、胸オペより診断を先に終えていないと保険料が出ない可能性があります。

よく考えればわかるかと思いますが、なにかしらの原因があって手術しなければいけないとき、一般的には、診断が先に来て、その後に手術しましょうとなります。

性同一性障害は病気ではありませんが、生命保険会社からすると病気として扱っているので、やはり胸オペしてから性同一性障害の診断があとでは、整合性がなくなってしまいます。

そのため、生命保険で保険金を受け取る条件が整っているひとは、胸オペ前に診断書を取得するのがよいでしょう。

【関連サイト】
胸オペをすると加入している生命保険の保険金は下りる?
FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内TOP
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、遠慮なく「お問合せ」からメールください。