胸オペの意味は、なんでしょう?

胸オペの正式名称は、乳腺摘出、乳房切除のことをいい、FTMの人たちの間で、いつのまにか通称名として使われるようになりました。

語句からすると、そのままの意味では、「胸のオペ」になります。ところが、胸のオペというとその目的がいろいろあり、たくさんの手術の種類があります。

一般的には、乳がんの手術などがまず頭に浮かぶかもしれませんし、女性が胸を大きくするための豊胸手術も「胸オペ」に変わりがありません。

特にここで言う「胸オペ」は、性同一性障害gidの当事者の人たちが、乳腺摘出、乳房切除、乳房摘出に関して使う俗語みたいなものです。

性同一性障害gidの間では、少し特殊な用語を使います。例えば、「ナベシャツ」は、胸を圧迫するバンドでさらしみたいなものです。胸オペもそのような用語の1つです。

さて、胸オペを簡単に言うと、胸または乳房のふくらみを取るための手術です。乳腺摘出、乳房切除、かなり大きいひとには、乳房切断のことをいいます。

海外では、上部の手術ということで、Top Surgery(トップ・サージャリー)とも呼ばれています。卵巣切除や陰茎形成などは、bottom Surgery(ボトム・サージャリー)と呼んでいます。

国内でもFTMにとって、性別変更までの過程でほとんどの人が最初に行う手術とされています。

胸オペは男性化への第一歩

FTMの男性化するための身体的治療は、男性ホルモン治療、手術治療となります。手術治療は、FTMだと、ほとんど最初に行うのが胸オペです。その後必要によって性別適合手術と順に進みます。
胸オペは、FTMの男性化に必要

そもそもなぜ胸を取る必要があるのでしょう?
FTM当事者にとっての自分のボディーイメージで、もっとも気になる場所は、胸、乳房、おっぱいということになります。

診断を受け、男性ホルモン治療から始めているひとにとっては、せっかく声も低くなったりして、男性化しているのに・・・。

見た目は男性的になったのに、胸だけ膨らんでいると毎日ナベシャツはつらいし、なにかと日々のストレスを感じてしまうものです。

一方、FTM、FTXの一部の人、性別違和を感じる人たちにとって、必ずにも男性ホルモン治療を受けるわけではありません。ただ、やはり胸には違和感を感じるひとは多いようです。 胸、乳房のふくらみは、やはり「The 女性」を象徴する身体の場所にほかならないからでしょう。

FTMのひとは、胸オペの前後で、身体に対するボディーイメージもかなり変わりますし、満足度もかなり高くなります。もちろん、それ以外にも生活の質(QOL)もかなり改善します。

胸オペは、FTMのための男性化に必須?

性同一性障害gid、性別違和を理由とする胸オペ(乳房切除、胸部の手術)は、一般的な他の手術とは異なり、単なる選択肢のひとつではありません。

典型的な一般的な手術は、受診者と外科医の間で、各手術方法のメリット、デメリットなどについて話し合い、お互いに同意のものに契約に基づいて行われるものです。

胸オペは、医学的に必要な手術?

一方、性同一性障害gid、性別違和に対する胸オペは乳房切除、乳腺摘出、胸部手術というのは、FTM当事者にとって、男性化にも医学的にも必要な治療であり、これらの背景を十分に理解している医師による評価が行われて初めて行われるものです。
胸オペの男性化

胸オペ手術は、その評価が実施された事実、およびある特定の外科的治療をうける条件が満たされていることを性同一性障害gidなどのジェンダー医療に精通している医師によって、初めて実施されるのが望ましいでしょう。

もちろん、それにFTM当事者自身が、もとに戻らない身体である手術であるということも十分に理解する必要があります。

胸オペは美容整形手術か?

一般的な乳がんなどで変形した欠損した乳房を美容的に再建する形成外科の手術、または、性同一性障害gidに関する胸オペや性別適合手術でも、純粋に再建的なものと美容的なものとは、明確な区別はありません。

ほとんどの形成外科的手術は、実際のところ、再建的要素と美容的要素の両方がミックスしています。

美容整形手術は、一般的には、医学的な必要性がないものと考えられています。

胸オペ(乳腺切除、乳房切除術)が純粋な美容目的とは言えないという点については、異論はないでしょう。

胸オペと言っても、いろいろな種類がある

1)手術方法
FTMが行う胸オペには、いろいろな方法が考えられています。

基本になる手術は、胸が大きすぎる女性がもう少し小さくする乳房縮小手術です。

FTMの胸オペと大きく違うのは、乳房を少し小さくするのではなく、真っ平にすることなので、それに対する難関が待ち構えています。

乳腺を少し残せるのであればよいのですが、基本的にはFTMの場合、すべての乳腺を取り除き、さらに胸を平らにするために余った皮膚も取り除く必要があるので、手術はさらに難しくなります。

乳腺をすべて取り除くと、乳輪と乳頭に行く血行が断たれるため、この血行を維持する手術方法を考えなければいけません。

2)手術の種類
手術の種類はいくつかありますが、胸の下垂、大きさなどで手術方法を決めます。
下のイラストのさまざまな下垂状態によって手術方法を決めていきます。

大きく分けると胸オペは、次の方法の1つから選択することになります。

  • U字切開(半周切開)
  • ドーナツ切開(乳輪全周切開)
  • アンダー切開(乳頭・乳輪移植含む)

下垂している場合の胸オペは、どんな方法がある?
乳房がそれほど大きくはなく、下垂もなければ、男性化した平らな胸になるでしょう。大きくて下垂している場合は、乳腺だけ取り除けば、男性化の真っ平らな胸になるわけではありません。

乳房が手術前から下垂していると、乳腺だけ取り除いても、余った皮膚が生じてしまいます。この余った皮膚をどうするかによって、胸オペの手術方法が変わってきます。

関連サイト
胸オペに関してのQ&A
FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内TOP
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、遠慮なく「お問合せ」からメールください。