胸オペは何歳から受けられるのか?

「性同一性障害の診断のガイドライン」では、胸オペの対象年齢をどのような解釈しているのか説明しましょう。

そして、未成年とくに、乳房の発達段階において、何か身体に影響があるのか?

乳房が大きくなることによって、胸オペの手術方法に何か影響を生じるのか?

GID治療の順番とガイドライン上の胸オペできる年齢

ガイドラインでは、GIDの治療は、原則的に、

  • 第1段階 精神的サポート
  • 第2段階 ホルモン療法と乳房切除術
  • 第3段階 性器に関する手術

という順番で進められますが、必ずしもこの順番通りに受けなければならないということではありません。

乳房は、二次性徴の終る18歳まで発達し、生殖機能に影響を与えない器官です。

胸オペは、第2段階の治療に相当し、原則は対象年齢が18歳です。

この点からしても、ガイドラインの胸オペの年齢条件とほぼ一致します。

18歳未満は、胸オペが受けられない!?

ガイドライン上では、18歳が対象年齢ですが、18歳未満は胸オペが受けられないのでしょうか?

乳房の発達は、10歳ぐらいから始まり、イラストの⑤まで発達します。
(二次性徴時の乳房の発達)

胸の発達が大きく発達すると、個人差はありますが、⑤の段階ではかなり大きくなります。

特に中学生から高校生の時期に、胸の著しい成長がみられる場合には、親の承諾が得られるのであれば、18歳未満で行うことも考慮した方がよいでしょう。

胸が著しく成長する場合は、18歳未満も考慮する理由

乳房の大きさと下垂は、後のオペの方法に影響してきます。

乳房が大きく成長すると、年齢とともに下垂するため、U字切開での方法が難しくなります。

ただし、GIDの診断がついていても、小学生では難しいので、身体の負担を考えると中学生高学年以降が望ましいとかもしれません。

18歳未満で胸オペを受けるメリットとデメリット

メリット

  • ナベシャツを着ける期間が短くなる
  • 生殖機能に影響しないため、ホルモンバランスの崩れは生じない
  • 乳房が大きく、特に下垂する前に胸オペすると、傷跡が最小限の手術方法が可能

デメリット

  • 乳房を手術前の大きさに戻せない
  • 親権者の承諾、同意が必要
  • 身体の負担が成人に比べ大きい
  • 手術の理解、危険性について理解できる年齢でなればいけない
  • 性別違和が幼少期から続いているのであれば問題ないことが多いが、一時的思いつきだと後悔する

年齢が20歳未満は、いづれにせよ、親権者の承諾が必要

乳房が大きくなる前、もしくは大きくなってしまって下垂する前に、早くに胸オペがしたい気持ちもよくわかります。そのためには、家族や周りのひとの理解と協力が必要です。