胸オペの手術はどのようにするの?

胸オペは、性同一性障害gid、とくにFTM(male to female)によるひとたちが、乳腺摘出、乳房切除の別名の手術方法です。

胸オペの術式、手術方法の目的は、乳房の膨らみを取り胸部の男性化を目指すものです。

このふくらみを取り除くためには、乳腺を取り除かなければなりません。医学的には、「乳腺摘出」といいます。他に、乳房切除、乳房切断という言葉もありますが、この場合は、かなり大きい乳房で、乳輪ごと取り除くことを指すことが多いでしょう。

胸オペは脂肪吸引では改善しないの?

乳房は、乳腺、脂肪からなります。胸というとその内容物がほとんど脂肪だと思っている方も多いようです。胸が大きいと乳腺も大きいですが、それに伴って脂肪もたくさんついています。

実際に乳腺が占める割合は、約80%ぐらいあります。

そのため、このふくらみを取るには、乳腺そのものを取り除く必要があるので、脂肪吸引では胸が平らになりません。

たまに、FTM(male to female)の胸オペについて理解していない美容外科医などの医師に当たってしまうと、脂肪吸引だけを試みる場合があります。

乳房を占める脂肪の割合は、約20%しかありませんから、脂肪吸引だけをしても、ほとんど小さくなりません。

特に、FTM(male to female)でホルモン注射で男性化している外見などからであれば、いったん躊躇される場合があるかもしれませんが、まだ男性的でない女性に見られるケースだと、単なる乳房を小さくしたいだけだなと思われる、または勘違いされるせいなのかもしれません。

「脂肪吸引で小さくできる」と「胸を平らにする」ことはまったく別のことです。

当然、ふくらみは取れるわけがないので、胸オペに精通している医師によく相談することが大切です。

胸を平らにするときの問題になる場合

胸を平らにするには、乳腺を取り除かなければいけないのですが、取り除けば必ず平らになるものなのでしょうか?

胸の形がお椀型している場合は、ふつうに平らになるのですが、問題は下垂または垂れているひとです。胸が大きいと加齢、重力に伴って下垂していきます。

これは、一般女性にも当てはまることです。乳房が垂れないようにバストアップするようなブラまで開発されるわけです。

一方、FTMのひとは、まさかバストアップするようなことはしません。むしろ、普段洋服を着ているときに、胸のふくらみがわからないように胸をつぶします。

このつぶすという行為は、胸の下垂をさらに助長させてしまい、下垂してしまった胸は、一般的なキズの小さい方法、U字切開では、術後に皮膚が余ってしまいます。

下垂している場合の胸オペは、どんな方法がある?

乳房がそれほど大きくはなく、下垂もなければ、男性化した平らな胸になるでしょう。大きくて下垂している場合は、乳腺だけ取り除けば、男性化の真っ平らな胸になるわけではありません。

乳房が手術前から下垂していると、乳腺だけ取り除いても、余った皮膚が生じてしまいます。この余った皮膚をどうするかによって、胸オペの手術方法が変わってきます。

FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説
胸オペとは?

胸オペの疑問解決コーナー
胸オペに関してのQ&A