胸オペを国内でと選択するひとも多いかと思いますが、国外であればタイも思いつくかもしれません。

胸オペを先に行う人もいますし、男性ホルモン治療よりも先に行う方もいます。性同一性障害のガイドラインからも、どちらを先にしなければいけないということもありません。

もちろん、XジェンダーであるFTXの人たちも胸オペはできます。

さて、ホル注を先にするにせよ、胸オペをするときにまず決めなければいけないのは、手術をどこでするかです。

胸オペを国内でする場合

メリット

  • 術後に何かトラブルがあったときには、アフターケアが受けられる安心感がある。
  • 海外と違いどのような医者に手術してもらえるかわかるし、もちろん、胸オペを国内で行うと日本語で手術の説明、合併症、リスクなど十分に説明してもらえる。
  • 日本語で、ある複雑な説明を受けても100%伝わらないのに、タイ語の通訳を介した説明では、手術の内容を100%理解するのは難しいことです。

デメリット

  • 医師の研修施設である大学病院や大きい病院だと実際に誰が手術するかわからない。

これらの病院は、研修病院なので、研修医が手術を指導医のもとにオペをする場合もあります。

胸オペを国外(タイなど)でする場合

メリット

治療費が安い?→△

実際には、タイの手術代は安いのですが、アテンド料、滞在費、飛行機代などが余計に費用がかかります。
トータルすると意外にも、日本とほとんど変わりません。

胸オペと内摘を同時にできる→〇

タイに比べ日本国内では、内摘する施設がいまだに少ないですから、このメリットは享受できるでしょう。

  • FTMの手術は、タイがうまい→△

FTMの性別適合手術は、胸オペ、性別適合手術、内摘、そして、陰茎形成です。

では、タイがうまいと思われている理由はなんでしょう?それは、陰茎形成にあります。

おそらく、タイが早くに陰茎形成を始めたので、「FTMの手術はタイ」というイメージがあるのかもしれません。

陰茎形成術においては、タイの症例に比べると、日本国内では症例数が少なすぎで、発展途上の状態と言ってよいでしょう。

胸オペは、乳腺摘出術と同じ意味で、国内でも乳房再建の範囲内で以前から行われているので、技術的に劣ることはありません。

ただし、胸オペは、国内で行う医療機関が少ないです。

それは、小さいキズ、U字切開が行える日本の医者はまだ少ないからです。

内摘、子宮卵巣摘出術は、どこの婦人科もできる技術ですが、産婦人科医の人手不足も担って、行う医療施設が少ないだけです。

デメリット

    • アフターケアがない→〇

タイで胸オペしても、術後に何かトラブルや合併症があったとき、アフターケアはないと思った方がよいです。

もちろん、術後の保証はあり、そのときの手術代は費用がかかりませんが渡航費は自腹です。

その都度、合併症があれば、何回もタイへ行くことができるでしょうか?

渡航費も自腹で、時間とお金が余計にかかることになります。

  • 直接、医師に手術の説明が聞けない

どのような医者が行うかわからないし、そもそも日本語で直接医者から説明を受けることができません。

タイの医者から説明を受けても、手術の説明の理解にギャップを生じることが多いでしょう。

海外(タイ)で手術する際に知っておくべき5つのこと

1 胸オペ、子宮卵巣摘出も実際の手術であり、いくつかのリスクが必ずあります。

これらのリスクは、手術中はもちろんのこと、術後の旅行関連に増加する可能性があります。

2 胸オペ、子宮卵巣摘出後の観光などの活動は、術後どんなに調子がよくても健康を損なう可能性があります。

適度な安静と合併症のリスクを減らすために、術後の観光は避けるべきです。

3 手術後の観光は、合併症のリスクを大幅に高くなります。

また、術後の長いフライトも合併症のリスクが高くなります。

たとえば、長いフライトで肺塞栓症や静脈血栓の発症の潜在的なリスクの頻度が高くなることを知っていますか?

通常の長いフライトでも静脈血栓を生じることがあり、術後はなおさらリスクが高くなります。

4 海外での手術の対して、患者を保護する法律は日本にはありません。

何か合併症や外科的過失が発生した場合は法的手段がないと考えておいた方がよいでしょう。

5 タイの手術とそれに伴う費用を合計すると、日本より少し安くできる可能性もあります。

ただし、なにか合併症などのトラブルがあった場合には、日本で行う費用以上に高くなる可能性もあります。

修正手術や合併症のための追加料金の負担が大きくなることもあります。

胸オペをタイで行った結果、術前と違う術式に変わってしまった例

当院に相談にいらした方で、当初胸オペをU字切開で行う予定だったのに、麻酔から覚めたら余計な傷跡が残る方法にされて、手術跡の長い傷をどうにかできないか、という方がいました。

本来U字切開で行う症例なのに、このようにFTM当事者の承諾なしに、術式が変わってしまった例

このような横のキズは、数回の修正手術が必要になります。

すべてがこのようなことはないと思いますが、少し残念なことです。

結局、胸オペする際に大切なことは?

当院は、もちろん国内の医療施設ですから、日本で行った方が安全ですし、日本語で十分に手術の説明もできて、最後まで責任もって手術することができます。

手術する医者と手術前に会ったこともなければ、お話したこともないというのは、やはり少し不安があります。

手術前に疑問点や不安なことを解消し、失敗などがあってもよいと納得していれば、タイでもいいと思います。

乳輪の下半周を切る手術でも適応がありそうなひとでも、大きい傷の方法を勧められる場合があります。

アテンドさんとは何回かやりとりして、自分の胸は傷が小さく済む方法だと説明されるかもしれません。

アテンドは医師ではありませんし、タイで手術する先生は、写真で見たかもしれませんが、実際に、当日初めて胸を見るわけです。

手術の説明を含め、100%その医師に希望を伝えられるわけではありません。

日本人同士の会話でも、100%理解できるわけではないですよね?

通訳を介して話すと言うことは、医師からの説明にギャップが生まれます。

胸オペの治療費について

国内、国外ともに費用は、いろいろです。

相場は、50~60万でしょう。

タイで行う場合

タイで行う場合は、手術費は安いですが、アテンド費用、渡航費、滞在費を含めると国内とほぼ変わりません。

なにかトラブルがあった場合には、国内でかかる費用以上に余計に高くつくこともあるかもしれません。

国内で行う場合

手術費用と麻酔代が別々の表示をしている医療機関がありますが、なぜ別々に表示するのか?

手術大を安く見せるか、または、手術が終わってから麻酔薬が多く使ったとかで、追加料金を取るためか?そんな話を聞いたことがあります。

包茎の手術ではよくある話で、施術費用を別々に料金を表示すれば、あとであれこれ費用がかかったと言えますからね。

このような趣旨がなければ、表示を分ける必要はまったくないわけで、すべてまとめた治療代を表示すべきでしょう。

まとめ

胸オペを受ける際に、もっとも重要なことは、その医者の手術症例の数が指標になるはもちろんのこと、その医者と合うか?信頼できそうか?誠意がありそうか?最終的にこの医者に任せられるか?など手術以外の要素も大切なことかもしれません。

FTM当事者にとって、1回きりの胸オペになりますので、よく考えて決めていくとよいかと思います。

胸オペ疑問解決コーナー