診断書の有無

・お持ちの方は、初診時に持参してください。
・お持ちでない場合、とくに胸オペ以外考えていない方はなくてもかまいません。男性ホルモン治療をその後に希望する場合は、必要になります。

性同一性障害のガイドライン上では、診断書があるのが望ましいとされていますが、一般の乳房の一環として行うという考え方もあります。その後のホルモン治療、性別変更時にも影響せず、何かしらの不利益を生じることは一切ありません。

現在までにわかっていること
・乳腺摘出すると元には戻せませんが、生殖器官ではないので、その後の身体への影響がありません。
・オペをして後悔する方はほぼいません。海外の統計上は、胸オペ(乳腺切除に関してはほぼ後悔するひとはいません。
・診断書がないと一切胸オペができないとなると、FTXのひとはオペができなくなってしまいます。

1.来院可能な方(都内近郊)

来院する場合の持ち物:診断書または意見書、医師からの紹介状がなくても大丈夫です。

診断書がない場合には、保険証をご持参ください。場合によってはご紹介もします。

胸オペの相談日
医師が手術の内容の確認や手術法について説明します。
・診察をして、手術の詳しい説明、手術方法などをお伝えします。
・予定が決まっている方は、手術日を決めていただいても大丈夫です。

診断書がなく手術する場合は、美容整形手術の一環として手術します。

ただし、手術後に診断書を取得した場合には、後日に加入している生命保険の手術費の一部負担は受けれません。(診断日と手術日が逆になるので)

すでに胸オペを決めている方
・血液検査(採血)
・内服薬の確認  毎日、服用されているお薬があるようでしたら、その名前を教えてください。 

2.遠方の方で来院が困難な方

ご都合がよい日に一度来ていただければ、手術の説明や方法などを詳しくお話しますが、来院する時間が取れない場合は、まずは、こちらから資料をお送り致します。

手術までに来院されない場合は、すべてメールで質問、疑問点などをやり取りし、胸の写真も送っていただき、手術方法をお伝えします。

届いた資料を読んでいただき、直接医師と話す機会を希望をする方は、電話またはskpeでの相談も直接お話もOKです。
〇メールにて、名前、住所、電話番号、生年月日、診断書の有無をお知らせください。
⇒手術に関する詳しい説明の書類を送付させていただきます。(資料に詳しい説明もあります)

〇手術方法を決めますので、写メで胸の状態をメールで送っていただきます。

〇手術日が決まりましたら、電話での予約をお願いします。

手術前の血液検査が必要ですので、近隣のクリニックなどで検査してもらえるところを探してください。

検査項目などは、送る書類と同封しますので、担当医に渡してください。

FTMの胸オペの方法と症例写真を見る

検査結果がでたら、メールclinic☆dr-otani.com(☆→@)に添付もしくは、FAX03-3717-3511まで送ってください。

未成年の方

親権者の手術承諾書が必要になります。
親権者の手術承諾書をダウンロードする

医療ローンをご希望の方

お支払方法には3種類あり、いずれかを選択していただきます。
①現金の場合:当日受付にてお支払ください
②振り込みの場合:手術前日までに振り込みをお願いします
③ローンの場合:事前の医療クレジットの申し込みとなります。
※未成年の方は、親が保証人となります。
*信販会社の審査がありますので、詳しくはメールかお電話でお問合せください*

生命保険で一部負担金について

生命保険会社によりますが、最近のケースではほとんど下りるようです。 ただし、胸オペをする前には、必ずGID性同一性障害の診断名がついた診断書を用意しなくてはいけません。 手術後に、診断をしてもらっても、保険は下りませんので注意してください。 詳しくは、生命保険の担当者に問い合わせてみてください。
胸オペで生命保険おりる?

手術方法の確認

手術方法の違いにより費用が異なります。診察時を含めて、ご本人が希望する方法などを伺いながら、本人と納得いくまでお話をさせていただき決定させていただきます。
胸オペ(乳腺摘出)をお考えの方

仕事を休む期間、手術のダウンタイムについて

からだをよく動かす仕事に就いている方は、基本的に抜糸するまでの1週間お休みが望ましいです。デスクワークの方は、3,4日でも大丈夫な場合もあります。

宿泊について

都内近郊在住

手術日に近隣のホテルに1泊するのがよいです。クリニックから車で30分以内の方はそのまま自宅へ帰宅します。

遠方の方

できるだけ2泊以上が望ましいです。

書類について

・手術証明書、休業証明書、会社などに提出する書類(手術での休む期間を記載したものなど)も作成します。

ある病気で通院している方

ほとんどが当院でも対処できますが、その他の病気のことは、カウンセリングのときにお話を伺いします。

連絡先
自由が丘MCクリニック
152-0035 東京都目黒区自由が丘1-3-17
電話 03-3717-3514、FAX 03-3717-3511
メール:clinic☆dr-otani.com (☆を@に変えてください)
休診日:水、日祝日 診療時間:9:00~18:00(土曜日のみ16:00まで)