現在男性ホルモンは、日本国内で使うことができるのは、従来の短期型男性ホルモン、エナルモンデポー、テストロンデポー、テスチノンデポーがあります。長期型男性ホルモンはネビド、クリームは、グローミンがあります。

45人のFTMをそれぞれ短期型男性ホルモン15人(100 mg/10日 )、テストステロンクリーム15人、ネビド15人ランダムに分けて治療しているひとを、次のように評価しました。治療前後、30、54週間後に血液検査で評価。

体重は全体的に増加傾向で、脂肪の割合は意外にもすべてのグループで減少しました。

多血症の指標になるヘマトクリットは、短期型男性ホルモンでは、上昇傾向にありましたが、ネビドではそれほど増加傾向にありませんでした。

3グループすべて、以前からの報告と同様に、善玉コレステロール(HDL)は減り、悪玉コレステロール(LDL)の増加が認められました。男性ホルモン治療1年経過時点では、すべてのFTMは日常生活に満足しています。

FTMに対して男性ホルモン治療した1年後のデータは、3グループともに安全性に問題はありませんでした。

ちなみ、多血の指標になるHt(ヘマトクリット)が55超えると、容量を減らすか、注射する間隔を伸ばした方がよいです。