胸オペの意味は、なんでしょう?

語句からすると、そのままの意味は、「胸のオペ」になります。ところが、胸のオペというとその目的がいろいろあり、たくさんの手術の種類があります。

一般的には、乳がんのオペなどがまず頭に浮かぶかもしれません。特にここで言う「胸オペ」は、性同一性障害gidの当事者の人たちが、乳腺摘出、乳房切除、乳房摘出に関して使う俗語みたいなものです。

性同一性障害gidの間では、少し特殊な用語を使います。例えば、「ナベシャツ」は、胸を圧迫するバンドでさらしみたいなものです。胸オペもそのような用語の1つです。

さて、胸オペとはどんな手術かと言うと、胸または乳房のふくらみを取るための手術です。乳腺摘出、乳房切除、かなり大きいひとには、乳房切断のことをいいます。

胸オペは男性化への第一歩

FTMの男性化するための身体的治療は、男性ホルモン治療、手術治療となります。手術治療は、FTMだと、ほとんど最初に行うのが胸オペです。その後必要によって性別適合手術と順に進みます。
胸オペは、FTMの男性化に必要

FTMの一部の人、性別違和を感じる人たちにとって、必ずにも男性ホルモン治療を受けるわけではありません。ただ、やはり胸には違和感を感じるひとは多いようです。 胸、乳房のふくらみは、やはり女性を象徴する身体の場所にほかならないからでしょう。

FTMのひとは、胸オペの前後で、身体に対するボディーイメージの満足度が違ってきます。もちろん、胸オペ後には、身体のボディーイメージはよくなり、それ以外にも生活の質(QOL)もかなり改善します。

胸オペは、FTMのための男性化に必須

性同一性障害gid、性別違和を理由とする胸オペ(乳房切除、胸部の手術)は、一般的な他の手術とは異なり、単なる選択肢のひとつではありません。

典型的な一般的な手術は、受診者と外科医の間で、各手術方法のメリット、デメリットなどについて話し合い、お互いに同意のものに契約に基づいて行われるものです。

胸オペは、医学的に必要な手術

一方、性同一性障害gid、性別違和に対する胸オペは乳房切除、乳腺摘出、胸部手術というのは、FTM当事者にとって、男性化にも医学的にも必要な治療であり、これらの背景を十分に理解している医師による評価が行われて初めて行われるものです。
胸オペの男性化

胸オペ手術は、その評価が実施された事実、およびある特定の外科的治療をうける条件が満たされていることを性同一性障害gidなどのジェンダー医療に精通している医師によって、初めて実施されるのが望ましいでしょう。

もちろん、それにFTM当事者自身が、もとに戻らない身体である手術であるということも十分に理解する必要があります。

胸オペは美容整形手術か?

一般的な乳がんなどで変形した欠損した乳房を美容的に再建する形成外科の手術、または、性同一性障害gidに関する胸オペや性別適合手術でも、純粋に再建的なものと美容的なものとは、明確な区別はありません。

ほとんどの形成外科的手術は、実際のところ、再建的要素と美容的要素の両方がミックスしています。

美容整形手術は、一般的には、医学的な必要性がないものと考えられています。

胸オペ(乳腺切除、乳房切除術)が純粋な美容目的とは言えないという点については、異論はないでしょう。