胸オペの麻酔を受ける人のために

当院が行う診療の特徴は、院長である私が形成外科医であり、かつ麻酔科の認定医を持ち、麻酔科を名乗ることが許可されていることです。

クリニックが標榜科目である「麻酔科」を名乗るのには、内科、外科などと違い、一定の資格が必要とされ、厚生労働省から許可されなければいけません。

当院が行うGID手術には、FTMの胸オペ、MTFの豊胸などを麻酔診療を胸オペにも最大限に活かします。

医師になってから全身麻酔は2000件以上、胸オペは、開院以来、胸オペは約1300件行っています(平成29年12月現在)。

今までも、安全な麻酔を提供してきました。

今までの経験も生かし、今後もよりいっそう安全な麻酔方法を選択します。

ご希望があればお知らせください。

Q 胸オペは、麻酔科が併設している施設がよいですか?

A 「性同一性障害ガイドライン」にも記載がある通り、胸オペ手術する医療機関は、一定の水準に達成している医療施設を推奨しています。

これは、麻酔に熟知していることを意味し、手術にはどんな急変時にも確実かつ質の高い対応が求められています。

この点、当院の診療に、麻酔科が常に併設されていることは二重にも三重にも安全といった意味で、FTM当事者にとっても大変有意義なことだ思います。

Q 日帰りで胸オペできますか?

A 当院の胸オペの特徴は、安全な日帰り手術が可能なことです。

麻酔科標榜するクリニックですので、標榜しない医療施設よりも麻酔にも熟知し、より安全に臨むことができます。

Q 胸オペする麻酔にはどんな方法があるのですか?

A 大きく分けて、3つあります。

  • 全身

全身は吸入ガスとくすりを組み合わせて意識をなくしてしまう方法です。

注射のクスリは点滴から、吸入ガスは口に当てたマスクあるいは口からのどに入れた管を通して肺へ酸素を送ります。

手術中の記憶はなく、手術の途中で麻酔が覚めることもありません。

  • 半身

半身には他の方法がありますが、胸オペには硬膜外(こうまくがい)で行います。背骨のすき間から特殊な針でくすりで効かせる方法です。

  • 局所

当院では、局所のみの胸オペ手術は行っていません。

胸部のオペを行うのには、痛みが強すぎて、数時間も我慢できず、安全に手術することができないからです。

Q  胸オペの麻酔は安全ですか?

A 当院は、麻酔科標榜が厚生労働省から許可されています。

全身麻酔の症例も3000件以上を経験しています。

麻酔は胸オペを受けるため欠かせない処置で、ヒトの体の働きに大きな影響を与えます。

絶対安全とは言い切れませんが、当院では、いつも100%安全を目指して努力しています。

現在使用されている麻酔の薬は安全性の高いものが多く、医療機器の性能も向上していますので、以前に比べると安全になっています。

そのため、手術前に周到な準備をし、全身状態をモニタリングし、必要な薬と機器を備えて臨んでいます。

麻酔科を標榜するクリニックだからこそ、より安全に臨むことができるのです。

 

Q 手術室に入ってから何をしますか?

A 手術室に入るまでは意識がはっきりしています。

最初に、血圧や心電図、体内の酸素状態を測るクリップなどをからだに付けます。

次に点滴の注射をします。少し痛みを感じます。

全身の場合、点滴からクスリを入れますとすぐに効いてきて、何もわからなくなります。

硬膜外では、点滴をした後に横向きになって、背中から注射をします。

麻酔が効いてくれば上半身がポカポカして、腕や手にシビレがきれたような感じになります。

A 麻酔が効いてからは何をしますか?

Q 全身は、自力では呼吸ができませんので、意識がなくなってから、喉に人工呼吸用の管を入れます。

腎臓のはたらきを知るために、オペ中の尿量を測ります。そのため尿道からぼうこうにチューブを入れます。手術後もしばらく入っています。

 

A  胸オペの麻酔法による術後の痛みは?

Q 手術後の痛みの感じ方には個人差が大きく、

  • 全身単独では、早い人では覚めた時から胸に痛みを感じますが、硬膜外を併用した場合には、手術後にもあまり痛みは感じません。
    現在では、複数の方法を組み合わせるのが最近の方法です
  • 全麻後の数日間は、人工呼吸の影響で、のどに違和感があったり、少し声がかれることがあります
  • 全麻と硬膜外を併用すると、術後の痛みが少なくて済むのですが、硬膜外は、高度の技術を必要とし、麻酔に熟知した医師でないとできないため、全麻と併用しないことも多いようです