このコーナーでは、胸オペを考えている方が疑問に思うようなことをさらに深く掘り下げましたのを以下にまとめてみました。

医者が普段毎日行っていることは、ぼくらにとって当たり前のことでも、患者さんからすると手術したことがあれば、なんとなくわかるかもしれませんが、ケガで皮膚を縫ったことがある、歯科の麻酔なども経験すらしたことがなければ、右も左もわからないことは当然のことです。

当クリニックに寄せられたメール相談、日々に質問されることなどもフィードバックできるように盛り込んでみました。

(執筆者:性同一性障害(GID)認定医 大谷伸久)

より深く掘り下げた胸オペの疑問

胸オペは、乳房を男性のように平らにすることを目的としています。一方、一般女性が胸が大きくて苦痛を伴いコンプレックを抱えている場合にも乳房縮小手術というのもあります。胸があって、苦痛ということに関しては、両者に違いがありません。

一応、FTMが行う胸オペは、性別適合手術の1つとして捉えられているために、性同一性障害の治療のガイドラインでは、手術する前に診断書が望ましいとされています。

ガイドライン上は、18歳以下となりますが、親権者の承諾があれば、15歳くらいから手術が可能となります。ガイドラインに沿わなくても、その後の治療に支障を来すことはありえません。

胸オペとは、FTMのための乳腺摘出をいいます。一般的に乳腺だけ取り除く手術というのはありません。あえて言うなら、まだ一般的な手術とは言えませんが、乳がん予防のために両側の乳腺を摘出する手術と同様です。

胸の下垂がなければキズは小さくて済みます。乳輪辺縁下半周切開(U字切開ともいう)をして乳腺を取り除きます。一方、下垂が重度であれば、U字切開での方法では、術後に皮膚のたるみを生じるため、余った皮膚を切除する方法がとられます。

前述のように、胸オペの中では、もっともキズが目立ちにくい方法です。ただし、すべてのひとに適応するわけではありません。胸の下垂がないことが条件になります。

胸オペも一般的な手術と同じように、感染、出血、キズの治りが悪いなどのリスクがあります。

手術をして、それでおしまいということはありません。責任持って最後まで対応させていただきます。

手術前に大胸筋を鍛えることはいいことですが、鍛えなければ結果に何かしら影響することはありません。術後の筋トレも1か月後より可能です。

手術前に男性ホルモン治療することはよいことです。大きい期待はできませんが、乳腺が少し小さくなるかもしれません(萎縮)。

手術による喫煙の影響は、以前から知られていることです。たとえば、キズの治りが悪いなど術後の経過に悪く影響することがあります。

生命保険に加入しているひとは、手術前に加入している会社に連絡しておくとよいでしょう。会社によっては、審査が厳しいことがあります。また、ガイドラインを求めてくることがありますので、できるだけ手術前に2名の医師の診断書をもらっておきましょう。

ここ20年くらいで目まぐるしいほど麻酔法、使われるくすりなどが進歩しています。全身麻酔は、20年前だとガス麻酔が主流でしたが、現在では完全静脈麻酔といって、すべて点滴から入れるくすりで手術中は管理するようになりました。

使われる麻酔薬の代謝が非常によいので、手術終了ととも目が醒めるくらいくすりの代謝がよくなったので、20年前には日帰りで帰宅できなかった手術が、今では日帰りを可能とした手術も多くあります。胸オペもその1つに挙げられます。

一般的な手術後に起こりえる症状と同じです。出血、感染などです。とくに胸オペの場合、血が溜まって血種を生じやすいことが特徴とされます。

手術に絶対はありませんが、1件1件慎重に行っています。これは、胸オペだけで過去1500件以上行っている実績から判断していただければと思います。

乳房は年齢とともに、皮膚の弾力性もなくなり下垂する傾向にあります。これに加え、胸のボリュームがあるとなおさら下垂します。

下垂してしまうと、術後のキズ跡が大きくなる傾向にあります。

乳腺を取りだした後には、少し内部に血が溜まることがあります。あまり血が溜まらないようにするために、強制的に外部にある小さなポンプを利用して、外に追い出す働きをします。

激しい運動、コンタクトスポーツは、術後1カ月から可能です。いきなり運動するのではなく、術後3週後から上半身のストレッチから始めます。

男性の胸の乳輪の真下に乳腺が少しあるように、胸オペ後も男性と同じくして、乳輪真下に少し乳腺を残します。これは、乳輪部分が陥没しないようにするためです。

このため、乳がんは男性とほぼ同じ発生率とされています。

国外で行うメリットは、安く済むことです。子宮卵巣摘出まで考えているひとにとってもメリットになります。技術的なことは変わりがありません。

国外で行う手術と違って、手術をやったらそれでおしまいということはありません。責任もって最後までフォローいたします。国外での手術は、1番大切な術後のフォローができないことです。

全身麻酔で行います。当クリニックでは、術後の痛みを少しでも軽減する方法を提供します。

キズに対しての考え方は、過去20年あまりで随分と変わりました。現在は、消毒する必要はなく、できるだけ創部を乾かさないで、湿った状態(wet)な状態を保つのがよいとされています。

男女の区別はどこで?

社会生活をする上で、男女の区別は外見で見分けていることが多いかもしれません。
その1つに胸のふくらみがあります。これは男女を見分ける1つなのでしょう。要は、おっぱいがあるかないかです。

ふくらみを取る方法は?

通常、このふくらみを取るためには、乳腺を摘出しないといけません。FTMの当事者は、俗に言う「胸オペ」ということも多いかと思います。乳腺摘出、乳腺切除、乳房切除、乳房切断などの用語が該当します。

手術するしないは、本人次第

確かに小さくてもおっぱいはおっぱい。たまに、胸オペしなくてもいいのではないかな?という人まで手術を希望します。ただ、実際に、乳腺を取り出してみるとそれなりの大きさはあるので、やはり取ったのが正解か…ということも多いのですが。

ぽっちゃりした男性の乳房は脂肪が多く占めますが、身体が女性の場合、いくら小さいとは言っても、やはりそれなりのしっかりした乳腺があるものです。

男性なのに、ふくらみがあるとおかしい!?

男っぽい洋服を着て、男っぽい髪形をしても、まさか胸のふくらみがあっては、どうもおかしくなってしまいます。ナベシャツでつぶせば大きさを抑えられるので女性っぽくは見えなくなります。そのため、ほとんどのFTMの人たちは、ホルモン治療する前から、ナベシャツを着ることが多いです。

特に、男性ホルモン開始後かなり経過している場合は、顔つきは、まさに男性にしか見えなくなるため、ギャップが大きくなります。ますます違和感が強くなってしまいます。

FTMが思う印象的な言葉

FTMの人が印象的なことを言っていました。
「いくら心が男でも、胸のふくらみを見られて女に見られては心が折れてしまう」と。

やはり女性を象徴する身体のパーツである「おっぱい」は、邪魔そのものに感じますよね。
・男性ホルモンはするつもりはないけど・・・
・性別も変更するつもりはない・・・
・別に男になりたいわけでもないけど・・・

とりあえず、乳房のふくらみがあると気持ちが悪い・・・と思ってしまうFTM、FTXの多くの人の意見でしょう。

関連サイト
FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説

胸オペの手術方法
胸オペに関してのQ&A

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、またはメールからお問い合わせください。