性同一性障害(GID)認定医 大谷伸久

筋肉注射用

エストロゲン(卵胞ホルモン)

現在、厚生労働省で認可されている注射用エンストラジオールは、ペラニンデポーとプロギノンデポーの2商品があります。

ペラニンデポーが、令和4年3月販売終了します。順次、同成分「プロギノンデポー」に変更します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

筋肉注射用薬剤は、すべての製薬会社が令和5年9月に販売終了となりますので、代替品は、経口薬のみになります。

混合ホルモン注射薬

すべて販売中止になります。(令和4年9月終了)

販売中止理由
上記薬剤は、現在、産婦人科領域でもほとんど使われず、注射薬はジェンダー領域に限られ、製薬会社の採算が合わないからだそうです。
 仮に、将来的に注射薬がすべてが販売中止になったとしても、経口薬の代替品がありますので、心配ないでしょう。

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、またはメールからお問い合わせください。