胸オペは、日帰り手術が可能なの?

胸オペも日帰り手術ができることは、ご存知ですか?

手術=入院と思っている人も多いかと思います。

日帰り手術とは、術前に血液検査などを前もって行い、手術当日に来院してもらい、手術後数時間で帰宅させる手術をいいます。

日帰り手術は、かつては入院手術として行われていた手術で、以前から入院を必要としない外来処置でおこなわれていたような小手術(いわゆる外来手術)ではありません。

アメリカでは、開頭、開胸または開腹手術以外は、すべて日帰り手術の対象とされています。全外科手術件数の80%以上が日帰り手術として行われています。

このようなことから、すべての待機手術は、まず日帰り手術を考えるように推奨されています。 日帰り手術は、きわめて安全に行うことができ、患者さんの状態も入院手術に対して遜色なく、患者さん満足度も高いです。

このようなわけで、胸オペ(乳腺摘出、乳房切除)も日帰り手術で可能な手術とされています。

大きい病院などでは、手術後入院が多いのでは?

日帰りでは無理という医療施設は、時代遅れと言っていいのかもしれません。 ただ、前述の病院の収入の事情というのもあります。すぐに帰しては入院費が入らないため収入が減ってしまう事情もあるのでしょう。

胸オペの日帰り手術についての流れについて 胸オペの手術前評価は? 手術前に手術方法を決めますが、胸オペの場合、乳輪下半周からの方法(U字切開)、アンダーバストから取る方法などがありますが、麻酔の方法は大きく変わりません。

胸オペの手術前検査は?

術前検査は、個々の患者さんの病歴と身体的所見にもとづいて、手術と麻酔に直接関係のある検査に限定すべきとされています。

胸オペの場合は、若い人が多く、基礎疾患(糖尿病、高血圧など)を持っているひとが少ないので、胸オペ予定日帰り手術では、手術に必要な検査以外の検査は、手術中の管理方法に何ら影響を与えないので不要とされます。

一般に、血液検査は、貧血、出血しやすいのか、肝機能、腎機能などを前もって評価します。

日帰り手術の流れ

当クリニックの胸オペの日帰り手術の流れをご紹介します。

日帰り手術は、手術や麻酔の方法をはじめ、それを行うスタッフも、入院手術と同様に行われます。当院での日帰り手術は、日帰りで行っています。

もちろん日帰り手術の予定であっても、術後の様子などで入院しほうが安全と考えられる場合は入院に切り替えさせていただきますし、帰宅された後に問題が生じた場合にも直ちに当院で対応させていただきますので、心配はいりません。

手術前日まで

初診日に胸オペの手術内容を詳しくお話し、胸を診察して、その人に一番適した方法を提案します。

手術が決まりましたら、術前検査を行います。

男性ホルモン治療をしている方は、2~3週前に中断します。ホルモン注射再開は、希望があれば抜糸のときにします。

手術日決定後は普段の生活を続けます。とくになにをしなくてはいけないということはありません。

アルコール、タバコの制限をしていただき、筋トレはしてもよいし、しなくてもよいです。特に手術に影響することはありません。
胸オペ前にタバコを吸ってはいけない理由

手術当日

1. 当日の朝の食事は、食べてはいけません。水、お茶、スポーツドリンクは大丈夫ですが、粘度の高い飲み物は避けてください。※ 守られない場合には麻酔の危険性が高まるため手術を中止することがあります。

2. 手術後は点滴をしたまま、1~2時間様子をみます。
しっかりと目が覚めたら水分を飲みます。
吐き気や嘔吐がなく、異常がなければ帰宅となります。

手術当日帰宅後

1. 帰宅途中での食事は禁止です。まっすぐに帰宅します。帰宅、ホテルへの移動手段は、自動車になります。

2. 帰宅後、夕食から通常通り食事を開始できます。前日よりまったく食べていないため、消化の良いものを無理せず食べてください。

帰宅後は特に問題がないからといって外出せず、家の中で様子をみてください。

(帰宅後問題となる合併症について)
創部からの出血などが生じることがまれにあります。心配なことがあれば直ぐに連絡ください。24時間対応しています。

手術翌日以降

1. 食事:普通の食事で問題ありません。

2. シャワー:手術翌日から可能です。ただし、創部の透明なテープがはがれた場合は、替えのお渡ししたテープで創部を保護してください。

術後の抜糸

手術後1週間後に抜糸を行います。その他、胸の状況も診察します。その時の状態に応じて、その後の外来での診察予定を決定します。

その後の生活、運動について、その他のご質問があればいつでもご相談ください。

みなさんが安心して日帰り手術を受けていただけるように、万全の体制を整えています。ご質問、ご希望等ございましたら、お気軽にスタッフに声をかけてください。

【関連サイト】
FTMの胸オペ(乳腺摘出)のよくある質問
胸オペの麻酔方法

FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。

ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、遠慮なく「お問合せ」からメールください。