性同一性障害(GID)認定医 大谷伸久

胸オペをする際に年齢と乳房の下垂は影響する?

胸・乳房は、年齢とともに下垂してくるものです。胸・乳房だけに限らず、あらゆる皮膚は年齢ととも弾力性がなくなります。胸、乳房の皮膚も例外ではなく、たるんでくるものです。もしかして、気が付かないだけかもしれません。

このように、年齢とともに皮膚がたるんでくるのですが、とくにFTMの場合は、胸・乳房のふくらみが目立たたないように、さらしのような圧迫バンドをしているひとがほとんどです。通称名は、ナベシャツといいます。

このナベシャツは、かなり圧迫することができる重宝ものですが、年齢とともに長い年数装着していると、通常の何もしない状態より、胸・乳房は早くにたるんでいきます。

胸・乳房が大きいひとは、それでなくても重力で年齢とともに下垂していくものです。ナベシャツを着ているとなおさら下垂してしまいます。

では、下垂しないためにはどうするのか?胸・乳房全体を上方に寄せればいいのですが、逆に胸のふくらみを目立たないようにするために、ナベシャツを着ているのに、これでは意味がありませんよね。

ナベシャツを着ている限り、下垂は避けられそうにはありません。やはり、特に大きい胸・乳房の方は、下垂が進む前に胸オペ(乳腺摘出)するのが一番の近道なのかもしれません・・・。

関連記事】
胸オペの疑問解決コーナー
胸オペに関してのQ&A
FTM胸オペをお考えの方へ GID学会認定医が胸オペの全てを解説


自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、または
「お問合せ」からメールください。