性同一性障害(GID)認定医 大谷伸久

18歳未満の性同一性障害で、二次性徴を抑制するには?

脳下垂体からのゴナドトロピンを抑制する

18歳未満の方で、ご本人の性別違和感を軽減するため、一定期間、下垂体から性腺(卵巣、精巣)に刺激するホルモンを抑制させ、二次性徴の発現を抑制する治療を受けることができます。

第二次性徴とは?

第一次性徴のみの外見的性差が見られ、タナー段階では、男性では男性器、女性では乳房、陰毛は男女ともに現れ、生殖能力は持ちませんが、それ以降はその発達成熟に伴って第二次性徴が発現し、生殖能力を持つようになります。


例:乳房におけるタナー段階Ⅰ~Ⅴ

GnRHアゴニストの働き

GnRHアゴニストを投与すると、下垂体からのLH、FSHの分泌が停止し、性ホルモンが分泌されなくなります。性ホルモンが分泌されなくなるので、男女それぞれの二次性徴の働きも一時停止することになります。
・からだが女性の場合

・からだが男性の場合

この治療は、からだを元に戻すことができる治療で、くすりを止めると正常な二次性徴が再開します。

この時期に通常の自分が望む性のホルモン治療を行うとからだが元に戻ることができなくなります。

そのため、その性別の違和感が性同一性障害gidによるものか見定めるときに、一時的に二次性徴を止めることができます。

適応する年齢

・年齢開始時期:15才~18才未満
およそ18歳で二次性徴が終わります。
・性別の違和感を訴えているが、もとの性として戻す可能性もある方
・治療開始後は、2,3年で通常の希望する性のホルモン治療に切り替えます

ただし、このくすりは、思春期早期(二次性徴が始まる時期)に開始した場合には長期間使用できないので、思春期の発達の状況を見ながら、以下の選択をすることになります。

①使用を中止して、からだの性の二次性徴を再開するか決める。
②本人の思う性に沿ったホルモンの使用に切り替える必要があります。

利点
MTFの場合
・男性化を抑えることができるため、社会適応がしやすくなる。

FTMの場合
卵巣の働きを抑えるため、女性ホルモン分泌を抑制します。
・月経がなくなる。
・乳房の発育を抑える。
・身長が止まらず、伸びる。

欠点
・治療費用が自費
月に1回の注射(当クリニックの治療費:¥33.000円)

二次性徴抑制剤の副作用

頻度5%以上
ほてり、熱感て、のぼせ、肩こり、頭痛、不眠、めまい、発汗
関節痛、 骨疼痛等の疼痛(手指などのこわばり、腰痛、筋肉)

頻度5%未満
性欲減退、冷感、視覚障害、情緒不安定
眠気、いらいら感、 記憶力低下、注意力低下、知覚異常
悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、口内炎、口渇
疲労、倦怠感、脱力感、口唇・四肢のしびれ、手根管症候群、耳鳴、難聴、胸部不快感、浮腫、体重増加、下肢痛、息苦しさ

未成年の治療になりますので、ご両親の理解がないと治療を進められません。
ご両親といっしょにご来院ください。

こちらもお読みください
【関連記事】
ご両親へGIDの治療について
MTFの一般的な治療
FTMの一般的な治療
二次性徴抑制ホルモンの有効性(医学論文から)

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、またはメールからお問い合わせください。