胸の下垂が強いひとの胸オペの説明です。

下垂の程度がシビアな胸は③、④に当たります。

胸の一番下に当たるところがは、下乳で隠れてしまうぐらいに下垂しています。ペンシルテストでは、まったく落ちないで、乳房下で隠れる人は、下垂が強いひとです。④は下垂が見ただけでもわかります。pencil testでは、鉛筆はまったく落ちないし、アンダーバストの奥に隠れてしまいます。
乳房の下垂がほとんどない症例

下垂していて、たるみがかなりあるので、①の手術方法のU字切開で行うと術後は必ず皮膚が弛みます。

乳輪・乳首の位置がアンダーバストのライン上もしくは、上に位置するひとです。この場合の手術方法は、乳腺を全部切除し、それに伴った余った皮膚も同時に切除します。

乳房の下垂が強い症例

④は、イラストでは、乳房のボリュームが小さいですが、下垂の程度が③より強いです。もちろん、このタイプはボリュームが大きいことが多いです。

このように乳房が小さくても下垂が強いと、傷跡が小さい方法でできるとは限らないことがわかります。

下の写真のケースでは乳輪・乳首の位置が、アンダーバストのラインの下に位置しています。重度な下垂と言えます。

乳房の下垂が強い症例

イラストを見て、

手術方法

乳房の下縁(アンダーバスト)を長く切開する方法

乳房の下垂が強いひと、基本的に胸が大きい人が多いのですが、乳房のボリュームがあまり大きくないひともこのタイプに属すひとがいます。

ほとんどのケースで、乳輪はかなり下に、乳首は下を向いています。

そのため、乳腺摘出に伴う余った皮膚を切除するだけでなく、乳頭乳輪も移動させないといけないので、乳輪に行く血行も悪くなることがあります。

乳房の下垂があるけど、キズは最小限にしたい場合はどうするの?

③、④は、必ず皮膚のたるみが生じます。どの方法で皮膚のたるみを処理するか考えなければいけません。

③、④は、手術方法かいくつかあるので、どの手術にするかご本人と相談をしながら決めます。

長いキズができてしまう+乳輪の移動の手術方法では、1回で済む方法になります。

どうしても、長いキズは嫌な場合はどうすればよいでしょう?
オペを2回に分ける方法があります。

手術の料金も余計にかかりますし、時間も取られてしまうデメリットもあります。
胸が下垂しているとき
キズが長くなる、下垂が強い場合、乳輪を移動しないといけないので、安全策を取るなら、2回に分けた方がよいこともあります

もしくは、
オペ術後の脂肪吸引
キズは乳輪の周りですが、たるみが多いと皮膚が巾着状態になり、放射状にしわが生じます。

下垂が強い胸の症例写真

オペ術前
術前、たるみある場合

オペ術後
術後
乳輪の周りの皮膚のしわができ、巾着状になっています。

これを不自然に思う人もいますし、長いキズ跡を残すよりもよいというひともいます。

このような場合には、ご本人とお会いして、それぞれのオペの方法のメリット、デメリットをお伝えして、その人の生活背景も踏まえて、いっしょに決めていきます。

いずれも乳房が大きくて、下垂している場合は、イラストの①、②のような小さい傷跡、U字切開で済ますことができないのが実情です。

胸オペQ&A
胸オペ疑問解決コーナー