性同一性障害(GID)認定医 大谷伸久

 性別適合手術(SRS)をすでに終えているひと、まだしていないひとのライフスタイル、家族、社会的関係(社会的適応)と生活の質に違いはあるのでしょうか?

今回は、「性別違和を持つひとにおける生活の質、メンタルヘルスに及ぼす性別適合手術SRSへの影響」から紹介します。
(Effects of Gender Reassignment on Quality of Life and Mental Health in People with Gender Dysphoria)

要旨

性別適合手術を受け、少なくとも1年後にインタビューした20人(SRSグループ)を対象とし、比較のために、まだ性別適合手術していない性別違和を持つ50人(Non-SRSグループ)のインタビューをもとに比較調査しました。

SRSグループでは、 Non-SRSグループと比較して、性差別とその被害に対しての懸念は低かったのですが、トランスジェンダーであるという性自認を表明する懸念は高かった。

SRSグループは、感情の動き、問題解決、感情の反応では低いスコアでしたが、家族支援と心理的領域ではより高いスコアでした

結論:性別適合手術は心の葛藤の軽減には有効である。SRSは、生活の質、家族支援、対人関係の改善をもたらし、性差別と被害に関する懸念をより軽減する。

性別適合手術の有無とうつ病との関係

多くの研究では、ホルモンを含む治療を受けていると、精神病理学的症状の発現率が低下することが示されています。

今回の研究では、Non-SRSグループのFTMは生涯のうつ病の割合が高く、FTMが精神科紹介の割合が高いことを示し、従来の公表されたデータと一致します。

これらの当事者は、彼らがよりうつ病の症状を持っているという事実のために精神科への紹介率が高い可能性があります。また、現在の研究では、ホルモンの使用と美容外科がMTFでより一般的であることがわかりました。

性別違和に対する性別適合手術は、うつ病症状を軽減するのに、よい影響を及ぼす可能性があり、個人の精神衛生上、保護的な効果が期待できます。

医療報告の最初の入学時の年齢、報告書の年齢、SRSは、SRSグループのMTFよりもFTMで高齢です。これは 、男性に対する性別違和の有害な影響の結果であるかもしれません。

性別適合手術の有無と自殺との関係

性別違和とより良い社会的支援の治療を受けていると、性別違和を原因とする自殺率が低いとされています。不安と抑うつは治療開始前では高頻度に見られますが、より良い社会的支援によって抑うつ症状はより低くなります。

このことは性別違和の個人における最も重要な健康問題の1つです。良好な社会的支援および家族支援は、当事者にとって重要な保護因子になります。

家族からの支援が生活の質の心理的側面と関連しています。また、友人からの社会的支援が生活の質を向上させることも示しています。

SRSグループは家族支援と社会的支援が良好であることが明らかとなりましたが、これらの問題に関してDSM‐IVの診断や自殺との関連は認められませんでした。
性同一性障害(GID)と自殺願望の頻度

性別適合手術の有無と対人関係

術後、最も改善した領域は対人関係でした。

対人関係と社会的機能の改善は、他者による個人の受容および手術後の他者による受け入れが容易になるという個人の観察に関連していました。これは術後の精神病理の改善がその理由かもしれません。

性別適合手術の有無とSNSとの関係

SRSグループにおいては、他人との密接な関係の改善が報告されました。

これらの改善には、以前は招待されていなかったソーシャルネットワークからの招待が含まれており、認知された社会的支援はNon-SRSグループよりSRSグループで高くなりました。

性別適合手術の有無と精神的不安定さとの関係

Yukse(2000) らの研究:
FTMを対象に、SRSの前にグループ心理療法を実施し、その効果を検討しています。その結果、12人の参加者が重篤な合併症を伴わずにSRSを完了し、5人の参加者が結婚し、1人の参加者が子供を養子にしたことが明らかになっています。

手術中または手術後にこれらの患者に有意な精神病理学はありませんでした。同様に今回の研究では、SRS後に結婚、子供を持つ割合が高く、SRS後の自殺未遂はみられませんでした。

SRSグループの家族支援はNon-SRSグループよりも良好であったことから、結果的に家族支援が良好なひとたちは、SRSを受けていたといえます。

性別適合手術の有無と家族関係との関係

しかしながら、家族の圧力の犠牲者であるという点でグループ間に差はなく、 SRS後の家族関係の構築に関する自由回答質問では、肯定的な回答が多くあり、従来の研究でも同様の結果がでています。

したがって、SRSが、家族関係の構築にプラスの影響を与えることを示しています。世界の他の多くの地域では、性別違和の人々が差別と暴力の犠牲となっています。

世界保健機関(WHO)は、生活の質とは、個人が生活する文化や価値観の中で、彼らの目標、期待、基準、懸念との関係の中で、個人の生活における立場を認識することであると説明しています。

性的虐待は自殺リスクを増大させ、心理的幸福および生活満足に悪影響を及ぼすとされています。

性別適合手術の有無と仕事との関係

差別と自殺との関係を見出すことはできませんでしたが、差別は、生活の質に悪い影響を与えると考えられます。

差別の被害者になることは、欲望や利害の言語化における野心を含め、人生の多くの側面に悪い影響を与えます。

参加者の職業的試みの評価では、 Non-SRSグループの多くは、彼らが仕事を見つけることに成功しないだろうと感じるような悲観的なために、仕事を探すことさえしていませんでした。

さらに、 Non-SRSグループの9人の参加者は、それが専門家から否定的な態度や軽蔑をされるかもしれないと思ったため、最初の紹介で、彼らは性別違和について伝えませんでした。

SRSを受け、性転換を終えたSRSのグループは、Non-SRSグループのよりも性的虐待および性差別に関する不安スコアが低かったため、社会的にも安心していたことを示していると考えられます。

性別適合手術の有無と過去の自分との関係

性同一性障害であることの恐れを除いて、SRSグループの不安スコアは低い傾向が見られました。

密接な社会環境において、性同一性障害であると表明する割合は、Non-SRSグループよりSRSグループで低かったのですが、その差は有意ではありませんでした。

これらの当事者が性別適合手術を完了すると、一般的には、異なる社会環境に住み始め、トランスジェンダーの過去を隠していました。

参加者の一人は、

”今までのトランスジェンダーの歴史を知れば、新しい仕事、結婚、ビジネスにおける尊敬、子供の所有など、新しい社会生活の中で新しい環境を失うかもしれない”

これらの恐怖が不安の原因であると述べています。

性別適合手術の有無と手術の結果との関係

従来の研究報告では、 SRS後の満足度は、外科手術の物理的および機能的な結果に関連していることを示していると言えるでしょう。

本研究では、 SRS後のQOLの心理学的および環境的領域における良好なスコアと外科的合併症がないことの間に関連性がありました。

このことは、手術の機能的および審美的結果が重要であることがわかります。

一方、大規模な外科的介入と9例の高い合併症率にかかわらず、生活の質の身体的側面に差はなく、参加者全員が性別適合手術について喜んでいます。

これらの結果は、SRSが心理学的領域の改善と関連していることを示す以前の研究と一致しています。SRSに対する満足度や後悔について確固たる結論を出すためには、長期的な追跡調査が必要です。

SRSを完了したグループは、完了していないグループよりも年齢が高く、また、教育水準が高く、結婚、出産率も高いです。

性別適合手術と収入格差

これらの社会人口学的な違いはすべて、グループの構築の自然な結果かもしれませんが、収入の改善は、SRS後、より良く、より安定しています。

仕事を見つける機会が増えることに関連しているように見えます。いくつかの研究では、 SRSを受けた参加者が経済的領域の改善を見ることを示しています。

Kaptan (2010) の研究では、SRSのために最初に診療所に入院したトランスジェンダーの50人と50人の健常対照者を比較していますが、トランスジェンダーの平均収入は健常群よりも有意に低いです。

この格差の考えられる理由の1つは、SRSと性転換の前に、トランスジェンダーの個人は通常、彼らの性自認(アイデンティティ)を隠すことを好むので、通常、経済的および社会的利点が低く、登録されていない一時的な仕事で働くことが多いからと考えられます。

より高い収入を持つ人たちはSRSを完了している可能性が高いと考えられますが、今回の研究の参加者でも、SRS後の収入に関して改善がありました。

グループ間で職業の種類に違いはありませんが、 SRSグループは通常の仕事を持つ割合が高いです。

SRSと収入所得の改善との関連を明らかにするためには、より大きなサンプルサイズでの研究が確実に必要とされます。

性別適合手術の有無とからだの嫌いな部分の違い

興味深いことに、嫌いな身体部位の数に関してグループ間に差はありませんでした。しかし、嫌いな身体部位はグループ間で異なっていました。

SRSの前には、顔、首、体毛のような性別不一致の領域が認められましたが、 SRSの後には、典型的には手術瘢痕と乳房または性器の美的なことに関する問題が含まれていました。

これは、外科的介入および外科的傷跡のフォローアップにまだ改善が必要であり、このトピックに関するより多くの研究がさらに必要であることを示しています。

<コメント>
性同一性障害GID当事者は身体的治療を行うと性別の違和感がかなり軽減されますが、いろいろな苦悩がすべて解決するとは言えません。

家族、周囲の理解などの環境要因が向上することにより、GID当事者の苦悩の軽減や自己肯定感が上昇するからです。

GID当事者が自己肯定感を獲得するには環境要因が大きく影響を及ぼしますが、最終的には自己エンパワメントを持つ事で肯定的な自己概念を確立することができると考えられます。

【関連記事】
性別適合手術とは?

自由が丘MCクリニック院長の大谷です

当院は、主に性同一性障害専門クリニックとして、GID学会認定医によるgidに関する診断、ホルモン治療、手術、そして、性別変更までのお手伝いをさせていただいています。
クリニックのご案内
ホルモン治療、手術についてわからないことなどありましたら、気軽にライン、またはメールからお問い合わせください。